2017年01月30日

台風の目 トランプ大統領

ほんと目が離せない大統領ですね。

このトランプ大統領が、何かするたびに大混乱と抗議の渦が広がっています。

オバマ元大統領まではイエスが加担していたのは知っておりますが、トランプ氏の方は知りません。

うちのゼウスは、大抵放っとらかしで、「・・ほっとけ、ほっとけ」の系統ですが、今回は加担したかもしれません。

泡沫候補とまで言われていたトランプ氏が、大統領にまで登りつめるというのは、つまり諸神霊の誰かが加担したということです。

加担したということは、何かの使命を帯びているということです。

オバマ氏の時は、ついにアメリカは人種差別を乗り越えたなんて格好いいことを言っていたのですが、次にアメリカ人が選んだ大統領は人種差別主義者だの女性蔑視だの言われています。

・・・結局、人種差別なんて乗り越えてなかったじゃない。

何だったのよ、あのチェンジは。

イエス・ウィ・キャン・・・チェ〜ジって、・・お前はキカイダーか。

何も変わってないでしょう。

あいも変わらず利益と国益を追い、自我を天に置き、物質を上に置いているでしょう。


これを高度な政治学の領域では、

なんちゃってチェンジ

と言う。

女性大行進(ウーマンズ・マーチ)で反トランプデモを主催していた一人にリンダ・サーソアがいました。

Organizer For DC Women’s March, Linda Sarsour Is Pro Sharia Law with Ties To Hamas

Women's March Organizer Linda Sarsour Accused of Being Anti-Semitic, Affiliated with Hamas

この女性は反ユダヤ主義を掲げ、ハマスと連携している女性ですが、アメリカにシャリーア法(イスラム法)を適用すべきと主張しているプッツンした女性です。

アメリカをイスラム教国にしたいようです。

ウーマンズ・マーチでは、トランプ氏の反イスラムの態度を批判しているのであって、シャリーア法は関係ないと言って相手にされなかった人物です。

こういった者が反トランプ運動をしているのですね。

トランプ氏が難民・移民規制の大統領令(エグゼクティブ・オーダー)に署名しました。

大混乱です。

米難民規制 大統領令で広がる混乱 NY連邦地裁、一部を執行停止 東京新聞

空港などで百九人が拘束され、二十数人がなおも拘束中と述べた。

一方、ニューヨークの連邦地裁は二十八日、適正な査証(ビザ)を持っている人には一時滞在を認める決定を下し、大統領令の執行が一部停止された。

全米に混乱が広がり、国内外の批判が高まっている。

米メディアによると、ニューヨークのケネディ国際空港では十二人が拘束。


JFK空港(ジョン・F・ケネディ)を含む4つの空港で混乱があったようです。

これですね。



今は収束しておりますが、当初は有効なビザを持っている者であろうが、グリーンカードを持っている者であろうが、お構いなく勾留し、入国を禁止していました。

これに市民がプロテストです。

#JFKprotest

イスラム教禁止のハッシュタグもあります。

#MuslimBan

トランプ大統領は、何かするたびに大規模な抗議行動を惹起しますから、何かをぶっ壊させるために諸神霊が加担したのでしょう。

難民や移民を制限する大統領令に対して15の州の司法長官が非難です。

15の州司法長官ら、移民制限の米大統領令非難 法的措置も検討 ロイター

大統領令と法律が対立するという稀有な事態です。

司法長官は法的措置も検討しているようです。

大統領令は、シリア難民の受け入れを無期限、その他の難民についても120日間停止するほか、イラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン市民へのビザ発給を90日間停止するもの。

29日までにブルックリンの連邦地裁など少なくとも4州が大統領令の一部執行停止を言い渡し、拘束された移民の強制送還を差し止めた。


制限された国はこれです。

15の州の司法長官の非難に対してトランプ大統領も負けていません。

多少トーンダウンしておりますが、微調整しています。

大統領令「イスラム教徒の入国禁止ではない」とトランプ氏 15州と首都の司法長官は非難 産経

「これはメディアが誤って報じているようなイスラム教徒への入国禁止ではない」

「米国が移民国家であることに誇りを持ち、抑圧を逃れた人々に同情を示しているが、それができるのも自国の市民や国境を守れてこそだ」

「イスラム教徒が多数を占める他の40カ国以上は大統領令の影響を受けていない」とし、イスラム教徒を狙った措置ではないと強調した。


では大規模抗議行動を引き起こすほど、本当にアメリカ人の大半が難民・移民制限に反対しているのでしょうか。

FOX NEWSが世論調査をしています。


難民禁止を支持している者は「48%」、反対している者は「42%」です。

トランプ大統領の行動を支持している人の方が多いのです。

大規模抗議行動が、はったりに見えます。

しかしてメインストリーム・メディアの報道を見ますと、大統領選挙の捏造報道と重なります。

ヒラリーを支持し、大規模抗議行動をしている人達の方が主流に見えるのです。

おかしいでしょ?

これは誰かが背後で操り、一定の方向に誘導しているのではないかと思う。

メディア・コントロールです。

フェイク・ニュース(ニセ・ニュース)というより、フェイク・メディアです。

ドイツのメルケル首相・フランスのオランド大統領・イギリスのメイ首相・カナダのトルドー首相といった各首脳は、トランプ大統領を批判しておりますから今までと同じ関係にはならないでしょう。

要は利益と国益を互いに追わせながら、既存の関係を壊しているわけです。

トランプの大将が壊さなければ、いくらでも利益と国益を追って世界を腐敗させるからです。

彼は世界をクラッシュさせることが使命でしょうね。

本来は諸神霊が地球的規模の破壊(クラッシュ)を行い、世界を一新しなければならないはずですが、どうも神の権威に文句のある宗教家がおられるようで対立しているのでしょう。

この場合一致しておりませんから局所的な変動とそれぞれローカルな干渉とならざるを得なくなる。

しかして地球的規模では、徐々に善は繁栄し、悪は衰退していくことになる。

何故、徐々にとなるかは、悪人を滅ぼすのはいいけれども、この場合善人にも影響が及ぶからです。

そんな勢力争いみたいなことを天界でしているから大川さんもおかしくなってくる。

神道なんて死の灰までかぶちゃって。

これらは決して悪魔や地獄霊が行っているのではない。

移民・難民制限でも大規模な抗議を受けているトランプ大統領ですが、メキシコの国境に壁を作るという政策でも、いちゃもんを付けられています。

主要先進国の首脳は大抵、トランプ氏に反対姿勢です。

トランプ氏のツイートです。


中東のクリスチャンが大量に処刑されている。

我々はこのような恐怖の継続を許すことはできない。



今、我々の国は、強固な国境管理と厳しい入国審査を必要としている。

見てご覧なさい。

ヨーロッパ全土で何が起こっているか。

まさに世界は、恐ろしほどに混乱している。


トランプ大統領のメキシコ国境での「万里の長城計画」は、大抵の先進国首脳にうけが良くないわけですが、イスラエルのネタニヤフ首相だけは賛成しています。


トランプ大統領は正しい。

私はイスラエル南部の国境沿いに壁を建設した。

それはすべての不法移民を阻止した。

大成功であり、良い考えだ。


つまりこれだけイスラエルと仲が良いわけです。

ところが先進国の首脳と市民には'うけ'が、あまりよくありません。

これだけ明確に好き嫌いが分かれる大統領も珍しいです。

イギリス国民がトランプ大統領のイギリス訪問に反対運動です。

トランプ氏訪問中止を要求=署名100万人超える−英 時事

難民・移民を規制する米大統領令で多くの拘束者が出ていることから、年内に予定されるトランプ大統領の公式訪英招請を取りやめるよう求める声が英国内で強まっている。

英議会のウェブサイトに提出されたトランプ氏の招請阻止を求める請願には、30日午前(日本時間同日夕)までに審議対象基準の10万人をはるかに超える100万人以上が署名した。

大統領令による混乱拡大を受けて、訪英への反対論が噴出した。

「(招請は)全く間違っている」

「この恥ずべき(トランプ氏の)入国禁止措置が中止されるまで訪英を保留するべきだ」

ネット上では、トランプ氏訪英に合わせて「史上最大の抗議デモ」を決行する動きが広がっている。


記事ではトランプ訪英中止を求める署名は100万人を突破したとありますが、現時点では130万人を突破しています。

イギリス政府公式サイトです。

Prevent Donald Trump from making a State Visit to the United Kingdom.

今でもぐんぐんと署名数が伸びています。

アメリカとの「特別な関係」を構築したいメイ首相ですが、この世論の反発をかいくぐれるでしょうか?


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2017年01月28日

GLAと幸福の科学 4

GLAの初代開祖・高橋信次氏は、1976年6月25日に死んでいます。

今回の大救世運動は彼から始まっています。

自分には48年の寿命しかないとあらかじめ預言して結婚していますが、その預言通り48才で死去しています。

ただ死ぬ前に5年後の有名な預言を残して死亡している。

イエスも言っていたと思いますが、実はこの「5年後の預言」こそが、高橋信次氏の人生の中で最も重要な最重要事項の預言であった。

高橋信次氏の死後5年後の預言こそが、大救世運動へのファファーレであった。

それがあわただしい、ほんの急ぎの中でなされた預言のように思われているようであるが、高橋信次氏にとって最も重要なことであった、そうイエスは言っていたはずです。

『太陽の法』で日付けまでは言っておりませんが、1981年の6月に大川さんは高橋信次氏から初めて啓示を受けたと言っています。

それは恐らく高橋信次氏が死亡した1976年6月25日の丁度5年後、すなわち1981年6月25日ではなかったか?

5年後の預言」はこの時、成就したわけです。

ただ1981年に様々な諸神霊から啓示を受け始めましたが、当時善川三郎も大川さん自身もそれを信じていなかった。

大川さん自身は霊だの悪魔だのとかかわりあいたくないために霊媒から当時は逃げ腰でした。

それでも啓示を送ってくるので仕方なく霊媒役だけは果たしていた。

イエスだのモーゼだの、大日如来だの日蓮だの、聖徳太子だの空海だの、色々な諸神霊が名前を名乗って啓示を送ってきたのですが、本人らは悪魔かもしれないと思って、本気にしなかった。

それがもし偽物の霊言であった場合、無間地獄から逃れられなくなる。

それが本当のイエスか、本当のモーゼか、本当の日蓮か、確認するのに4、5年かけて検証しています。

しかして何年検証してもその個性は変わらず、その高度な思想も変わらず、一貫しておりましたので仕方なく1985年からでしょうか、実際は1986年から本格化したと思いますが、霊言を世に問うたわけです。

通常の素人霊媒ならば文鮮明のようにイエスに化けた悪魔を見抜けず、それをイエスと信じ込んだり、神の声を聴いたと有頂天になってすぐに救世活動だと言って出るものなのですが、さすがそのようなうかつさはありませんでした。

それが本物かどうか5年間検証しているのです。

ふざけた霊言を出している今の幸福の科学からはとても信じられないでしょうが、当時はそうでした。

非常に慎重だったのです。

もしこの世に問う霊言が偽物であり、それを世界に広めてしまった場合、自分は長らく地獄界から出ることはできなくなる、と本人も言っていました。

事実、1989年までの霊言は、すべて本物の地球神界最高霊域から降りた諸神霊の言葉でした。

今でもこの時期の霊言は国家の至宝と言われているはずです。

それはそうです。

事実、地球神界最高霊域から降りている啓示ですからね。

あの内容に文句を言える者は、この世には存在しない。

分からないならば、悟りが未熟だからであり、シルバーバーチよりも遥かに高い霊域と質の悟りが語られています。

恐らく大抵は悟りが高すぎて、その内容の高さを理解していないはずです。

あの悟りの高さを人類が理解するには、100年、300年と待たなければならないでしょう。

後半の1989年ごろの霊言になりますと、多少大川さんの人間的なるものが着色されておりますが、それでも90%近く正確に降ろしています。

1990年以後の霊言はみなダメです。

レムリアなんちゃらとか神道系とかすべて嘘霊言、つまりフェイクです。

少なくとも諸如来諸菩薩の言葉でも何でもない。

イエス・キリストです。

あぁ、イエスさまですか、・・・・・・で、ほんとは、あんた誰?

教えて。


親鸞です。

親鸞上人ですか、・・・・・・で、ほんとは、あんた誰?

さぞや名のある悪魔なんでしょう?

ちょっと教えてよ。

ねぇ、ちょっと、ちょっとぉ。


日蓮です。

・・ふぅん、分かった。

・・・・・・でも、ほんとは誰?

本名、教えて。


みたいな、「あんた一体誰、霊言」ばかり出したり、「お前は地獄霊か?」みたいな守護霊ばかりです。

守護霊とは、その本人の良心の中にあって、その善なる思いを、その者の中で指導する存在、これを守護霊と言います。

一人一人にみな一人ついています。

具体的には「ふと、思う」、「ふと、いいアイディアが浮かぶ」、「ふと、あの人に親切にしたい」というこの「ふと浮かぶ」という内容で本人を導いています。

この世の人間の方は大抵気づきません。

良いアイディアが浮かんでも偶然、浮かんだとか良いおこづかいをもらったぐらいにしか捉えていないのです。

守護霊にも悟りに高い低いはあれど、共通しているのは霊天上界に住する霊人である限り、この世の人間のように一瞬も悪を思えず、悪を指導できない世界の住人です。

一瞬も悪を思えないのです。

この点がこの世の人間には分かりにくい点であろうと思う。

だから守護霊が、やれ給料上げろ、やれ地位をあげろ、やれ出世させろ、なんて言うわけないのです。

言うのは地獄霊です。

人は良心は信じますが、霊天上界は信じない。

これを矛盾と言う。

霊天上界の存在そのものを人間の良心と言い、これは一人一人のただ中に在る。

俗にいう「良心」のことを霊天上界と言うのです。

大川さんが出していた1980年代の諸神霊の霊言は、すなわち人類の良心が直接この世に降りていたということです。

通常は死後、この良心が復活し、その内部神性が本人の思いと行いを裁くのですが、今回はこの世に直接降りていたのです。

あのままずっとおり続けていたら、世界は大変な事態を迎えていたでしょう。

5年後の預言」は幸福の科学で成就しましたが、しかしてその1981年にはまだ世に出られませんでした。

霊道を開いてすぐに伝道を開始したために色々間違ったことを言ってしまったGLAと違って、幸福の科学は霊的研鑽のためにさらに5年かけたのです。

霊道を開いた場合、その霊能力の自覚ができるのにどうしても2、3年はかかると言っていました。

本来の予定としては、GLAが救世の母体として予定されていたのでしょうが、そうはなりませんでした。

高橋信次氏の死後、GLAは大分裂を起こし、大混乱の渦中にあったからです。

生前のGLAは釈迦仏教の再現が使命でしたから抹香臭い仏教団体だったのですが、高橋信次氏の死後は急変します。

当時19才の自分の娘にGLAを継がせたのですが、いきなり横文字のキリスト教的な団体に変貌し、高橋氏の教えを受けていた弟子が反発したのです。

しかも19才の小娘に大如来の法など継げるはずもありませんから、ルシフェルの暗躍と共に大分裂を起こしてしまいました。

19才ですから年齢的な言い訳はきくでしょう。

継がせた方が悪いということです。

大如来ならば当然わかることです。

自分が19才の時、果たして大如来の悟りをもっていたかどうか、自分の胸に問えば分かることです。

継げるわけありません。

事実、継げていません。

どんなに努力しても、また如来の霊格を持っている者にしても24才以降でなければ如来の悟りは得られない。

私も10代から努力してきた方ですが、如来の理念を悟ったのは24、5才の頃であり、どう努力しても、霊格があっても19才では無理なのです。

世界の思想的巨人の理念が理解できたのはこの頃です。

ヘーゲル、エマソン、西田幾多郎、高橋信次、ゲーテ、彼ら神の思想レベルを理解できたのは24、5才のころであり、まず19才では彼らの異常に高い思想と理念は悟れません。

霊格が高くても無理です。

継がせる方が悪いということです。

霊言でも言っていました。

・・もうね、父親が7年しかやってないのに、娘は10年以上もやってくれました。

青春時代のほとんどをつぎ込んでくれました。

・・娘のことを思うとね、もうほんと私は涙が流れるんですけどね。


・・・・自分で継がせといて・・・

特にルシフェルが最も憎悪しているのは、この高橋信次氏であり、イエスでもそれほどこないし、モーゼでもこない。

高橋信次になると極端に攻撃してくる。

当然、高橋氏死後の弟子を狙わないわけはない。

事実、狙われて大分裂を起こした。

それが幸福の科学に影響を与えました。

大川さんが霊道を開いた1981年頃は、まだ分裂の影響が残っていたころであり、本来は大川さんがGLAを継ぎ、救世の母体として運動を起こす予定だったはずですが、そういった事情でさすがに大川さんもGLAには行けなかった。

正確には霊道を開いた時、「お嬢さんの継いでおられるGLAのお手伝いでもせよというのでしょうか」と大川さんは当時、高橋信次氏に問うていたのですが、高橋氏がそれを拒んだ。

GLAはお前を必要としない。

お前は一人で立て、一人で道を切り開け


そして幸福の科学ができた。

あの世の高橋信次氏からすれば、GLAの混乱の問題は自分が原因であり、自分の責任なのです。

GLAの分裂や混乱となんの関係もない大川さんに、自己の責任で分裂したGLAの問題を背負わせたくなかったのでしょう。

だから一人で立てと言った。

その結果、救世の母体として予定されていたGLAと幸福の科学が分かれた。

その対立が今も続いています。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神理関係

2017年01月25日

切り売りされながら解体していく東芝

昨日のアメリカ大使館のエルサレムへの移転問題ですが、「ハアレツ」や「ザ・タイムズ・オブ・イスラエル」も出していました。

White House: 'No Decision' Yet on U.S. Embassy Move to Jerusalem ハアレツ

White House says ‘no decision’ on US embassy move THE TIMES OF ISRAEL

日付けはどちらも1月23日です。

要約すればトランプ大統領は、まだ大使館のテルアビブからエルサレムへの移転を決定していない。

エルサレムへの移転問題は、トランプ政権の最優先事項ではなく、中東和平協定が最優先事項である。

日曜日のネタニヤフ首相との電話会談でも公式声明には乗っていないために大使館問題が話し合われたかどうかは不明である。

要は現時点では大使館移転問題は凍結状態のようです。

やはり歴代大統領のように大統領権限によって半年ごとに見送るのではないか?

「首都エルサレム」に懸念=トランプ氏の米大使館移転方針 時事

もしトランプ氏が計画を実現すれば「(イスラエルとパレスチナ)和平プロセスに終止符を打つ」(アッバス・パレスチナ自治政府議長)ことになりかねない。

米議会は1995年、在イスラエル大使館のエルサレム移転を求める法案を可決。

これに対し、クリントン氏以降の歴代大統領は、安全保障および外交上の懸念を理由に大統領の権限で移転を見送ってきた。

アッバス議長は14日、米大使館を移転すれば、「イスラエル承認を撤回せざるを得なくなる」と警鐘を鳴らした。

これに先立ち、アッバス議長はトランプ氏に書簡を送り、移転計画を実施しないよう求めた。

イスラエルの隣国ヨルダンのモマニ・メディア担当相も5日、米大使館移転は「レッドライン(越えてはならない一線)」と警告。

「イスラム教国やアラブ諸国の路上を炎上させるだろう」として中東の大きな火種になりかねないと訴えた。


パレスチナと国際社会は、大使館移転問題を大いに懸念しているようです。

エルサレムへの米大使館移転は、歴代大統領が実行してきたように見送られるのではないか。

一応、常識としては。

14649-580x401.jpg

俺に、常識なんて通用しない。

1月23日にアメリカは声明を出しているのですが、間抜けな声明を後日出している者がいました。

「宣戦布告」に等しい=米大使館のエルサレム移転−イラク強硬派 時事

イラクのイスラム教シーア派反米強硬指導者ムクタダ・サドル師は24日、声明を出し「在イスラエル米大使館が(テルアビブから)エルサレムに移転されれば、イスラムに対する公然の、前代未聞の宣戦布告に等しい」と宣言した。

鼻息荒いサドル師です。

取りあえず現時点では、アメリカ大使館のエルサレムへの移転はないと見ていていいのではないか。

東芝の切り売りが止まりません。

巨額損失の東芝、銀行団に支援継続を要請へ 銀行から抜本的なリストラ要求も 産経

東芝の経営が一段と悪化すると銀行側が損失を被る恐れがあるため、「支援の検討はリストラ策を見極めてから」(取引行関係者)との声が出ている。

リストラ策として主要なグループ会社の売却案も浮上。

事務機器を扱う東芝テック(東京)や東芝エレベータ(川崎市)が候補として取り沙汰されている。


昨年、東芝メディカルシステムズの全株式を6655億円でキャノンに売却し、東芝ライフスタイルを中国のミデア・グループに売却した東芝が、また事務機器の東芝テック、並びに昇降機の東芝エレベータを売却候補として上げています。

半導体事業も分社化し、他社に株式を20%〜30%売却するようです。

2015年7月、東芝は昇降機大手フィンランド・コネ社の全株式を売却したばかりですが、今度は当の東芝エレベータ本体を売却候補に上げています。

東芝、昇降機世界大手の株を1180億円で売却 財務改善へ 日経

後先を考えず、売れるものならば何でも売るという感じでしょうか。

東芝病院も売却です。

東芝病院、売却を検討 債務超過回避狙い 朝日

米国の原発事業で巨額損失を計上する見通しとなった東芝が、保有する東芝病院(東京都品川区)を売却する方針を固めた。

損失は7千億円規模にのぼる可能性があり、東芝は3月末までの資金捻出を急いでいる。

中核の半導体事業を分社化して株式の一部売却をするほか、上場するグループ会社の株式の一部売却なども検討している。


不動産から病院から売れるものは何でも売らなければ債務超過を回避できないのでしょうか。

いずれ東芝グループの上場会社7社のすべてに手をつけていくのではないか。

上場グループ株、東芝が売却検討 巨額損失受け「巨艦企業」解体進む 東京新聞

PK2017012202100049_size0.jpg

売却可能な株式を洗い出し、債務超過を回避する。

身を切る姿勢を金融機関に示し、支援を取り付けやすくする。

東芝は上場株式の売却に加えて、非上場会社の株式や保有不動産を処分することで計三千億円程度の資金を捻出する考え。

それとは別に、分社化する半導体事業の一部を売却し数千億円を調達する計画で、伝統ある巨艦企業の「解体」が進行しそうだ。
 
東芝幹部は取材に対し「(資金を)積み重ねるため、ありとあらゆる対策を取る」と話した。

持続的に成長可能な姿を模索するために、非上場の子会社の見直しも進めるとみられる。


27日には原発事業も切り離すかどうか話し合われるようです。

ほんと東芝は消滅するのではないか。

華と散る。

東芝は3月15日付けで自動的に監理銘柄に指定されます。

監理銘柄とは上場廃止基準に該当している銘柄のことであり、売買はされますが、該当基準に抵触するおそれがなくなれば解除されますが、抵触する場合、次は整理銘柄に入れられ一月後に上場廃止となります。

上場廃止の決定した銘柄が入れられるのが整理銘柄です。

東芝の上場維持審査を延長 来春「監理銘柄」に 東証 朝日

東証は当初、来年3月をめどに上場維持か廃止かの判断を出す見通しだったが、東芝は先月、子会社で約5億円の売上高水増しが見つかったと発表。

東証は「報告書の妥当性に疑問符がついた」(幹部)として、指定継続を決めた。

東証の判断は来年度前半になる見通し。

東証は、来年3月15日に東芝を上場廃止の恐れがある「監理銘柄」にも指定。

新たに提出される報告書でも、内部管理体制などの改善が認められなければ、東芝は上場廃止となる。

名古屋証券取引所も19日、同様の措置を発表した。


東証一部から東証二部に落ちる前に上場廃止になりそうです。

NECのパソコン部門も中国のレノボに買収され、富士通のパソコン部門もレノボに買収されました。

中国レノボ、巨大国内市場バックに次々買収=パソコン部門、IBM、NECに続き富士通も傘下に―中華圏企業の快進撃はどこまで続く? レコードチャイナ

シャープも習近平寄りのホンハイに身売りしましたし、東芝の白物家電も中国のミデア・グループです。

どうしていつも中国企業なのでしょうか。

不思議な感じがしますが、監理銘柄に入れられますと上場廃止が現実味を帯びてきます。

なんとしても債務超過は回避しなければならないでしょう。

すべての資産を売却しても借金が返せない状態を債務超過と言いますが、だから売却を急いでいる。

次に数千億円規模の損失を出しますと東芝は完全に終わりでしょう。

柱の原発事業と半導体事業にまで手をつけるというのは、よほどのことが進行しているのであろうと推測できます。

これらの状況を受けてS&Pも更に東芝を格下げしました。

米S&P、東芝を1段階格下げ 日経

米格付け会社のS&Pグローバルは24日、東芝の長期会社格付けを「トリプルCプラス」へ1段階引き下げたと発表した。

さらなる格下げの可能性がある「クレジット・ウオッチ」も継続する。


先月の12月28日に格下げされたばかりの東芝ですが、ひと月も経たないうちに更に格下げです。

ついにムーディーズと同じC格にまで引き下げられました。

CCC+」です。

ここで確認して下さい。

ムーディーズと同じ格付け(Caa1)であり、見通しはネガティブであり、更に格下げ方向です。

格付け記号の体系(格付けの定義)

東芝の前途は暗そうです。

何かバチでも当たったのでしょうか?


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済