2017年03月17日

崖っぷちの東芝

東芝に対するアメリカ政府の見解が、初めてでました。

米政府、WH破産に反対…数千人レイオフを懸念 読売

東芝にとっては厳しい内容です。

原子力事業で巨額の損失を計上する見通しの東芝が、米原子力発電子会社ウェスチングハウス(WH)の破産手続きを検討していることに対し、トランプ米政権が反対の姿勢を示していることが、商務省の検討状況を知る米関係者の話で分かった。

やはりトランプ政権は、ウェスティングハウスのチャプター11(米連邦破産法11章)適用は反対の模様です。

まさに「アメリカ・ファースト(アメリカ第一主義)」です。

単にアメリカ国民の税金を無駄に使うだけではなく、貿易・金融・財政といった民間企業の問題が、政府の問題へと発展しかねないことを懸念しているようです。

東芝が無理にWHにチャプター・イレブンを適用すればそうなる。

東芝はWH(ウェスティングハウス)からは逃げられない可能性が高い。

トランプ大統領は有言実行型の大統領だからです。

東芝がWHに米連邦破産法11章(日本の民事再生法に相当)の適用申請を行った場合、同社の従業員ら数千人がレイオフ(一時解雇)されることを懸念しているという。

さらに、海外から米国への投資事業の失敗例と見なされ、トランプ政権が進める外国企業による米国への投資促進や、雇用拡大にも悪影響を与えかねないとの見方を強めている。

米政府がWHの破産処理に反対していることが分かったのは初めてだ。


トランプ大統領に釘を刺されています。

無理にWHを破綻させれば、アメリカ政府が代わって保証することになりますからアメリカの怒りをかうことになる。

日本政府に保証させるつもりでしょう。

アメリカ政府が補償するぐらいならば、日本政府に補償させるという立場でしょう。

一説にはウェスティングハウスをチャプター・イレブンで破綻処理できなければ、損失を確定できず、東芝は次の4月11日の決算も出せず、それから8営業日目の4月21日には上場廃止になると言われています。

今まで3回連続で決算延期が認められた例はないからです。

さすがに関東財務局も3回目の決算延期は承認しないと思われます。

4月11日に決算発表できなければ東芝の上場廃止の可能性が極めて高くなる。

アメリカ政府の見解を受けて東芝は、原発事業のリスクを遮断したいと思っても遮断できない可能性が出てきました。

東芝はWHの膨らむ損失のブラックホールに飲み込まれていく。

最後の最後には政府が出てくるのでしょうが、公的資金で救済すれば東芝ゾンビが出来上がる。

半導体事業である「東芝メモリ」の売却益もWHの底なしの損失に消えていきます。

東芝メモリ売却7000億〜1.8兆円で応札意向、内外10社関心−関係者 ブルームバーグ

割と具体的な数字がでてきました。

東芝が分離するメモリ新会社の売却で、29日の1次入札締め切りを前に、買い手候補が7000億−1.8兆円のレンジで出資を検討していることが分かった。

内外の投資ファンドや半導体関連メーカー10社が関心を示しており、日本の政府系金融機関も候補に浮上している。


やはり2兆円以上は難しいようです。

最低でも1兆円程度の資金を確保したい考え。

「東芝メモリ」は東芝から分社化して4月1日に設立される。

同社は米原発事業で追加損失が発生する可能性も見極めながら、全株売却も視野に手続きを進める。


東芝は半導体の技術と人材が国外に流出することは避けるようです。

この国外とは主に中国であり、断っている模様です。

日本政府系機関も応札しています。

この記事では2兆円と見ていますが、最大1兆8000億円です。


中国の紫光集団は資金は潤沢であり、2兆円に問題はありませんが、中国系企業です。

台湾のTSMCやシャープを買収したホンハイも資金的には問題ありません。

ただ日本側の意向としては、日本かアメリカの企業やファンドに売却したいようです。

やはりアメリカのウェスタンデジタルかファンドが有力なようです。

ただこれを売却したら東芝にはもう売るものが、ほとんどなくなります。

株価は190円とかろうじて時価総額8000億円を保っていますが、もう東芝は200円台の株価を見ることはないかもしれません。

わずか3日で時価総額を1000億円以上吹き飛ばしています。

東芝の格付けも凄いことになっています。

本日、S&Pはまた東芝を2段階格下げしました。

下から3番目の格付けです。

S&P、東芝2段階格下げ 見通し厳しく 東京新聞

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は17日、東芝の長期会社格付けを「トリプルCプラス」から「トリプルCマイナス」に2段階格下げしたと発表した。

東芝の米原発事業での巨額損失がさらに膨らむ可能性が高まっているため「再建見通しが一層厳しくなった」と判断した。

格下げ方向で見直しを続ける。

もう2段階下がれば、最低水準の「SD(選択的債務不履行)」となる。

東芝は2016年4〜12月期連結決算の発表を再延期し、先行きの不透明感が増している。

S&Pは「今後6カ月間に債務をタイムリーに履行できなくなる可能性」が強いとみている。


CCC−」へと格下げされています。

見通しは、ここから更に格下げ方向です。

S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)は、既に東芝は半年ももたないと見ています。

東芝は9月には銀行に借入金8200億円を返済しなければならず、厳しいと見ているようです。

これ以上格下げされようがないほど下がっています。

あと2段階もここから格下げされますと、これはデフォルトであり、倒産です。

東芝はまったなしのギリギリの段階に来ています。

アメリカ政府の見解が、とどめになるのではないか。

時、既に遅しという記事もあります。

東芝はなぜここまで「絶体絶命」状態を放置したのか?

東芝の葬式は決定しており、もはや手遅れと言っています。

今年度での債務超過の解消は絶望的で、19万人の社員を抱える一流メーカーが絶体絶命である。

政府が出てくるのは、東芝が「解体」される最後の最後である。

政府介入による原子力事業の整理が、東芝の本当の「葬式」になるだろう。

もし2年前から手を打っていれば、ここまでの解体はなかったはずであるが、時既に遅し、である。

「光る東芝の歌」とともに、一世を風靡した東芝が、光を失い消えるのも遠い将来ではない。


そうかもしれません。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2017年03月14日

東芝のお花畑

本日の東芝株は、まさに「往復ビンタ」であり、前場(ぜんば)196円まで下落し、200円を割ったかと思えば、後場(ごば)に決算の再延期が関東財務局から承認されたニュースを受けて、途端に上げに転じ、215円の1円高を付けています。

東芝は2015年にも2回決算を延期しており、今回も2回の延期です。

仏の顔は三度まで」と言いますが、「関東財務局は4度まで」かそれ以上です。

延長期限は来月の4月11日までです。

それまで3月期末の債務超過を確定できない。

果たして東芝は決算を出せるでしょうか。

4時から1時間30分ほどの記者会見が開かれておりましたが、東芝は何か傲慢で威圧的な会見でした。

最後の質問者2人ほどを見ていれば十分でしょう。

それ以外は、のらりくらりと肝心要のことが分からず、要領を得ない解答とお花畑の見通ししか公表しませんでした。



一番最後の方ですが、債務超過を問われて、

その可能性はないと言っておきましょう

と頭にきたのでしょうが、顔色を変えて反論しています。

眼で質問者を威嚇しており、ここら辺に傲慢を感じました。

この部分ですね。



これが東芝が示した今後の見通しです。

スクリーンショット (1044).png

2016年は売上高が「5兆5200億円」であったのが、今年2017年は「3兆8500億円」規模となる。

それが2019年は「4兆2000億円」となり、営業利益は「2100億円」になると見通しています。

売り上げ高が「5兆5000億円」規模の企業から「4兆2000億円」規模の企業となる。

本気にしている人はいないでしょうが、債務保証や偶発債務等々、東芝にとって都合の悪い条件は一切勘案されていない見通しでした。

どうなるか分からないから適当に勘案しています。

内部管理体制確認書は、予定通り明日の15日に提出するようです。

しかして東芝は東証と名証から上場廃止基準に抵触する監理銘柄(審査中)に入れられています。

監理・整理銘柄一覧

早速、入っています。

ウェスティングハウスを切り離さなければ、東芝は倒産してしまいますので今回の会見では原発事業のリスクを完全に遮断する方向を打ち出しました。

東芝:米WHの売却検討、原発事業のリスク遮断へ、資産売却を加速 ブルームバーグ

原発事業で巨額損失を抱えた東芝は14日、損失発生リスクの残る米原発子会社ウエスチングハウス(WH)の売却検討を含む経営再建への基本方針を発表した。

債務超過の解消に向けメモリ事業の過半や非中核事業の売却を引き続き柱に据えた。

内部管理体制の改善報告書は15日に東京証券取引所に提出する。

モーニングスターの伊藤和典アナリストは決算延期を受け、「また数千億円の損失が出てくるのではないか」など、投資家には上場存続への懸念も生じていると指摘。

東芝はすでに内部管理体制の改善を義務づけられた特設注意市場銘柄で、「改善せず次々にこうした問題が出てくるのは非常に印象が良くない」と述べた。


会見では原発事業以外にリスクはあるのかと問われてフリーポートLNG社とのLNG事業を上げていました。

会見最後のこの映像は皮肉です。

スクリーンショット (1043).png

Leading Innovationって何ですか?

東芝はウェスティングハウス(WH)のチャプター11適用を考えていたようですが。難問が持ち上がっています。

WHの事業にはアメリカ政府が、1兆円規模の債務保証をしており、もし東芝がWHにチャプター11を適用して倒産させますと、それをアメリカ政府が保証することになり、アメリカ国民の税金ですので政治的な問題に発展する可能性があります。

ちなみにアメリカ政府がWH社に債務保証をしているのは、ボーグル原発2基です。

東芝、WHの米破産法申請で調整 ロイター

経営再建中の東芝が、米原発子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)に米連邦破産法11条の適用を申請させる方向で調整に入ったことが9日、分かった。

WHの事業には米国政府が83億ドル(約9500億円)の債務保証をしている。

破産法が適用された場合、米国民の負担が発生して外交問題に発展する恐れがあり、米政府の理解を得られるか流動的な側面もある。


「アメリカ・ファースト」を掲げるトランプ大統領が、この税金の無駄な浪費を認めるとは思えない。

東芝の勝手でチャプター・イレブンの適用はできないのではないか。

表向きはWH社が決めることでしょうが、適用できなければ東芝は原発地獄に堕ちて、泥沼債務のブラックホールに吸い込まれる。

アメリカ政府の債務保証のために東芝は切り離したい原発事業を切り離せない可能性がある。

WHと無理心中させられる可能性です。

東芝は膨らみ続けるリスクと債務を遮断したいわけですが、できるかどうか分からない。

WHの保有株を他に売却する可能性もありますが、引き受ける企業はあるのでしょうか。

東芝の件はどれも確定できない不透明なことばかりであり、実際どうなるか分からない。

ただ東芝は海外の原発事業から撤退することだけは確定しています。

逃げられるかどうか見ものです。

債券王・ビル・グロース氏が警告していた米国10年債利回りは「2.6%」です。

これを付ければ債券の強気相場は終焉したと見ていい、と。

その「2.6%」を超えてきています。

今は少し割っていますが、下値を切り上げながら上昇傾向に見えます。

米国債利回10年 ブルームバーグ

これとは別に新債券王・ガンドラック氏が警告した「3.0%」を付けるかどうか見ものです。

2014年12月27日につけた「3.0%」を再び見ることになるか。

これを付ければジャンク債市場は崩壊すると主張していました。

ならば株も住宅市場も商品市場も下落していくことになる。

俗に潮目が変わるということであり、「3.0%」が危険領域でしょう。

今年中に見る可能性が高い。

また明日15日はアメリカの債務が上限に達します。

コラム:米債務上限引き上げ問題、財務長官候補は無力か ロイター

現時点では「20兆1000億ドル」の債務ですが、トランプ大統領は以前デフォルトでも構わないようなことを発言していました。

訂正はしましたけれども引き上げ額次第では、大規模な財政出動に影響がでてきます。

3月の利上げと共に要注目です。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2017年03月13日

ビリー・ジョエル

森友学園の問題は、まだ続いているようですが、どうも興味が持てない。

ただこういった者を投票で支持するメンタリティの方が悪の勉強になります。



低い霊域の人間は数も多く、神道のやり方としてあの世の光の快楽という力で支配できますので、ここで投票させている。

下の霊域に巣食っているということですね。

まさにカルトのやり方ですが、自我を中心に置けばあの世であれ、この世であれ、神の体(物質・神の光)に支配されて、これを主体とし、その属性のまま行動する。

神の心を悟れば、これを原因として結果(神の体・物質)神の光が増大する。

この神の光という結果に支配される。(光一元思想

こういった類の思想を説く者は、必ず自己都合の好き嫌いを基準とします。(東洋的専制

これは神道が巣食っている安倍政権にも出ておりますが、数の力や権力で人を威圧する傾向があり、物質は嘘を意味しておりますので嘘や詭弁を弄します。

また神の体、いわゆる物質は心の外にありますので外部を異常に飾る「虚栄」でもでます。(善のみ語る

また物質は相対性がその性質ですので、カルトは内面と外面が驚くほど分離しています。

心の内面で「糞ったれ」と思っているのに外面では平気でニコニコ笑っていられるのです。

この物質の相対性からすべての「嘘」が生まれます。(歴史修正主義

この物質は結果を意味しますが、物質を基準とすれば、必ず物質の属性としての「数の多さ」を目的とする。

すると数の多さが基準ならば、それは低い霊域の者が多いわけです。

だから低い霊域に巣食い、やたら人気取りをしようとする。

人気取りをしなければ自我の好き嫌いが通せないわけですから、無難な低い善を語ることになる。

その神理が高ければ高いほど低い霊域の人は理解できず、その場合低い霊域の多くの人間を扇動できなくなり、自我も通せなくなり、支配欲も満たせなくなる。

低い霊格の人達の普遍的特徴の一つに快楽に弱く、快楽を善、不快を悪と認識しているという特徴を持っています。

だから不快のない善ばかりを言う。

カルトは、必ずその自己都合から快楽を善、不快を悪と認識しています。

実際の神理は逆です。

快楽が悪であり、神の光が悪です。

だから悪魔は、不快かもしれませんが、その攻撃は必ずこの快楽から入る。

富や権力、表面的で軽薄な善や褒めちぎりで誘惑します。

悪魔を不快と見るのは、結果だけを見ている。

神の心が善、神の体が悪であり、幸福が善、快楽が悪、神の心が善、神の光が悪です。

もちろんこれは方便的な言い方です。

神の心が善、神の体が悪で生命即物質で善悪不二です。

大宇宙は神の一大倫理表現であり、この倫理を神理と言う。

あの生粋のニューヨーカー・ビリー・ジョエルが予言を歌っています。

予言者ビリー・ジョエルの名曲「マイアミ2017年」の歌詞がヤバすぎる! 日本は乗っ取られ、NY破壊は大荒廃か!? トカナ

予言者の末裔であるビリーは、2017年について恐ろしい予言の歌を歌っていたのだ。

このアルバムの中に、「マイアミ2017」」(原題:Miami 2017 (Seen the Lights Go Out on Broadway))というビリーの予言とも言うべき歌が収められており、そこでは2017年のニューヨークは、何か壊滅的な出来事(第三次世界大戦、テロ、核兵器……)のため、すっかり荒廃していると歌われているのだ。

「歌い手は、フロリダ州マイアミに暮らしており、過去(2017年?)にニューヨークで起こった悲惨なできごとを回想している。

ブロードウェイの光が消え、エンパイア・ステート・ビルが傾いた。

かつてコンサートが行われたブルックリンでは橋が落ち、何者かによって電源を落とされて我々は地下に追いやられた。

それでもショーを続けた。

まるでスペインの内戦のようにあちこちで騒ぎが起こった。

クイーンズは残り、ブロンクスは爆破され、マンハッタンは海に沈んだ。

富裕層たちは、遠の昔に高級車を買って遠くに脱出した。

それは、悪い奴らがメキシコを乗っ取る前の出来事だ。

光が消え、ほんの少しの人しか生き残らない。

生き残った人は世界から光が消えた理由を伝え続ける」


ビリー・ジョエルは、私の最も好きなアーティストであり、アルバムはほとんど持っています。

そのビリー・ジョエルが、予言者の側面を持っているとは初耳です。

確かに「マイアミ2017」の曲は知っておりましたが、これが予言とはね。

2017年とは今年です。

ビリー・ジョエルの曲で初めて衝撃を受けたのは「ストレンジャー」ですが、古くからのファンの人達は、大抵ビリー・ジョエルの代表曲は「ピアノマン」であると言います。

知らない人もいるかもしれませんので曲をいくつか貼っておきます。

これが「ストレンジャー」です。



これが「ピアノマン」ですね。



名曲はたくさんありますけれども、有名どころはこれでしょう。

素顔のままで」です。



あとは「オネスティ」と「マイライフ」ではないか。





ビリー・ジョエルは、昔はシルベスター・スタローンのそっくりさんと言われておりましたが、年月を経てもその声は不変です。

あいも変わらずいい声をしています。

このビリー・ジョエルの予言の歌ですが、「マイアミ2017」の歌詞はこれです。

「マイアミ2017」(邦訳=平田良子) デコの残日録

真ん中の方にあります。

「マイアミ2017」の歌詞

ブロードウェイの灯が消えてしまった

エンパイアステートビルは倒され

人々はパリセイズの向こうに避難した

顔役たちはみなキャディラックを買い占め

ずっと前に逃げ去ってしまった

ぼくたちはブルックリンで橋が爆破されるのをながめ

コンサートをやった

やつらはぼくたちを攻撃して地下へ追いやろうとしたけど

ぼくたちはコンサートを続行した…

ブロードウェイの灯が失われてしまった

足もとには破壊が広がっている

全然気づかなかった

誰もがよく知っているあの47番街だ

やつらはハーレムの教会を焼き尽くした

あのスペインの市民戦争のように

あちこちで燃え上がる炎

でも誰ひとり気にしない

これまでにも度々焼かれた

ブロードウェイの灯は消されてしまった

大空が落ち込むようだ

いく隻ものボートが港で待機していたが

組合がストライキを続けて

まったく動かなくなった

ノーフォークから船をかり出し

ヤンキースの一団を無料で乗せた

クイーンズ区はそのまま残されて

ブロンクス区は吹き飛ばされた

マンハッタンは海に沈められた

そうさ、その街灯がブロードウェイを

照らしていたのに

でもそれはずっと遠い昔…

ぼくらがみんなフロリダに住みつく前

マフィアがメキシコを支配する前のことだ

覚えている者はほとんどいない

今なお生き残っている人はほんの少しだ

世界に知らせようと

あの街の灯がどうして失われたかを

その記憶をいつまでもなくさずに


これが今年2017年に起こるそうです。

実際にビリー・ジョエルが、日本に来たとき歌った「マイアミ2017」はこれです。

メキシコ」のところを「東京」と変えて歌っています。

トカナはこの歌を予言として記事にしているわけです。



大空は落ち、マンハッタンは海に沈む。

エンパイア・ステートビルは崩壊し、ブルックリンの橋は爆破される。

ブロンクスは吹き飛ばされ、足元には破壊が広がっている。

これが今年の予言だそうです。

神理の動向次第ですが、恐ろしい予言であり、そうなるかもしれませんね。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神秘