2017年02月04日

神道への警告 1

GLAの高橋信次氏の生前の教えは、「本物の神理と偽物の神理を分ける公理 1〜5」までに検証しており、また簡単ではありますが、ここでも開示しておりますので省きます。

高橋信次氏の教えの中核部分は、まだ開示していなかったと思いますが、「豚に真珠を与えることなかれ。

彼らはそれを足で踏みつけていくであろうから。
」という教えもあり、日本ではそのまんまだと思いますが、高度な神理は、ゼウス神の下でなければ開示できるものではない。

大川さんではありませんが、神理即利益が正しい。

これを切ったら利益で利用せんとする利主神従の神道の地獄の創造原理に落ちます。

国家単位でうちの霊系団と神道が戦争をしているのは分かると思いますが、神道以外の日本人はお気の毒に思っています。

戦争を売ってきたのは神道からですから、うちの霊系団にまったく非はありません。

神道は軍国主義の精神的支柱であり、今もそうだというのが分かりました。

神道は悪そのものですね。

死の灰で汚染されているわけですから、どの程度の悪かは大体、予想がつくはずです。

諸神霊は、多少どの国でも犯す悪ぐらいでそこまではしません。

大川さんの罪をどうこう非難する者がおりますが、神道の悪はそのような次元の悪ではないということです。

大川さんの罪など罪と言えば罪なのかもしれませんが、ほんとかわいいものです。

たかだか個人であり、神道の行っている国家組織的な犯罪行為とは次元が違います。

それでも神道系は痛い目を見たようです。

犯罪者に褒賞を与えるバカはいないでしょう。

あっ、神道がいたか。

多少、問題はありますが、基本は大川さんのやり方であっているのです。

あれを否定すれば大川さんの神理はすべてスパイとして、あらかじめ入り込んでいた神道の集団に利用され、地獄の創造原理である利主神従が成立してしまいます。

基本、アジア人はアジア人にまかせるスタンスでしょうが多分、ここまで異常犯罪を犯したわけですからこの国は、衰退後になくなっていくだろうと思っています。

この国家は存続を許されません。

中国と韓国だけではなく、ヨーロッパ系の我々の霊系団も敵に回しました。

アジア人はアジア人にまかせるとは、中国と韓国の背後には我々の霊系団も加担しているということです。

神道が最も嫌悪している国が、中国と韓国だからであり、中国の繁栄の目的は、ひとえに神道を抑えこむためです。

別に富を目的としているのではなく、アジアの悪である神道を抑え込むことが目的です。

朝鮮を端女にし、中国を奴隷にできるものならば、やってみろということですね。

到底、無理ですけどね。

この国、ほとんどの諸神霊が離れている。

だから中国が繁栄しているということです。

この国の上の人間は、遅かれ早かれすべて刑務所にぶち込まれることになる。

人の上の人、みな臭い飯食ふこと出来るから、今から知らして置くから気をつけて呉れよ : 上つ巻37帖

日月神示など引用したくもありませんが、「わかってるじゃない」ということです。

分かっていて犯罪を犯しているわけだ。

もうアメリカに頼っても無駄ですよ。

少なくとも神の名を語ることは、もう許されない。

大如来である大川さんに対しても、あれですからね。

この国ではゼウスが生まれようが、イエスが生まれようが、誰が生まれても救世運動は起きようがありません。

それがよく分かりました。

一応開示と蓄積はしようと思っていますが、この国は神道の霊的干渉下にありますから、神理を勉強しても無駄ですよ。

力づくで抑えられますからね。

また既に一から勉強するには量的に無理です。

地球の歴史上、最も高い神理を説くのは私ですが、それを勉強する時間も、もはやない。

しても抑えられる。

この国家が未来で生き残る方法は、たった一つしかありません。

天皇制を廃止して、残りの歴史をみずからの罪滅ぼしに使い、大川隆法を日本の国家元首に迎えることです。

神道の手の血のりは永遠に消えることはないでしょうが、まだ大川隆法がいます。

きっちりと大如来としての悟りを得てもらうことですな。

これ以外の道は、衰退後に世界地図からなくなる道です。

私は元首は御免こうむります。

神約民主論国家で世界の盟主を作る自信はありますが、これはゼウス神が実行される道であり、犯罪を継続中の前科者共の元首はごめんです。

誰もヤクザの親分などになりたくないということですな。

ただ大川さんが日本人をお好きなようですから、ならば元首は大川隆法以外にはいません。

私は、だから御免です。

ネズミの缶詰とかゴキブリの缶詰とか、世間にはゲテモノ好きが一定限度いるものであり、大川さんがそのゲテモノ好きだと思います。

真っ当な者は、とても食べられません。

さすが慈悲の仏陀です。

私はそこまで優しくありません。

天皇の霊格は、よくて神界クラスであり、菩薩ですらない。

つまり格下を元首にしてありがたがっている。

神御自身の目から見て神界クラスの霊格しかもっていないのが天皇であり、大如来どころか如来や菩薩ですらない元首です。

そのような低い霊格しか持っていない者を元首にして国家のトップに置いているから、格が低い国家と言っているのです。

いいですか。

神の目から見て神界かそれ以下なのです。

それが真実というものです。

そんなに偉い人間のわけないでしょう。

天皇みずからの霊格がそれを明らかにしているでしょう。

そのような格の低い国家が世界の盟主などというのは神の目から見てあり得ないということです。

してもいいですけれども、その場合少なくとも世界の盟主だのアジアの盟主などというのはあきらめなさい。

そのような低い霊格の者を国家のトップに頂いているということは、何も神の心が分かっておらず、また悟ってもいない事実が明らかなわけですから、そんな低い霊格の者を他国人が拝んだり、尊重したりする義理などありません。

折角、大如来である大川さんが生まれているわけですから、大如来を元首にしていくのが、日本としては至極当然のことです。

神道は分かりましたか。

いくら天皇を偉いと妄想しても所詮、神界ですし、しかも神への信仰すらない神界人ですから、そのような者を元首に置いているわけでしょう。

何も神の心を分かっていないわけだ。

そのような神の正義を何も知らない者を元首に置いているような国家が、アジアだの世界だのの盟主になっていいわけないのです。

何の正義も知らない者が世界のリーダーをすればどうなるか?

目の前の世界を見れば分かるでしょうに。

神理をよく悟っている者が、霊天上界と同様、上に立たなければならないのです。

当然のことです。

この国はこの点を誤魔化しているということですね。

スポンサーリンク



posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神理関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178660629

この記事へのトラックバック