2017年04月12日

「最期」に向かいそうな政治と経済

東芝が監査法人の承認なしで決算発表を行いました。

東芝、やっと決算発表 監査法人は「意見不表明」 ハフィントンポスト

東芝は11日、2016年4〜12月期決算を約2カ月遅れで発表した。ただ、通常つくはずの監査法人の「適正意見」はなく、信頼性を欠く内容となった。

前にこの記事を書きましたが、予想通り監査法人の了解は得られなかったようです。

巨額損失、事前認識を調査=WHの15年4〜9月期−監査法人が指摘・東芝

東芝が今後中核に置く社会インフラ事業とは3つあり、一つはビル関係の事業であり、メンテナンスやエレベータ、あるいは空調等であり、二つ目は防衛関連の事業であり、レーダーやお札を数える機械も作っているようです。

三つめは鉄道等の事業です。

この社会インフラ事業が東芝の売り上げの50%を占めます。

監査法人が承認できなかった理由はここに記載されています。

四半期レビュー報告書の結論不表明に関するお知らせ PDF

分かりやすく言えば、WHの幹部が損失を過小に見せかけようとして不適切な圧力をかけたわけですが、この圧力自身は東芝も認めているのですが、この圧力によって財務諸表の数字には全く影響ないというのが東芝の立場であり、いや圧力があったならば当然、数字にも影響があったはずであり、過去にもあったはずだという立場が、PwCあらたの立場であり、この点で対立し、この対立が解消しなかった。

この対立を東芝は、「見解の相違」と言っている。

監査法人はハンコを押せなかった。

tousiba1.jpgtoushiba2.jpg
ソース : 中国新聞


4月11日の記者会見は、このフリーのジャーナリストの質問に尽きているでしょう。



監査法人の意見不表明で出されたオレ様決算はこれです。

2017年3月期 第3四半期決算短信(米国基準)連結 東芝

2016年10月〜12月の純利益は「5325億1200万円の赤字」であり、株主資本は「マイナス2256億8700万円」であり、自己資本比率は「マイナス4.4%」となり、去年12月末時点で「2256億8700万円の債務超過」だったわけです。

以前は「1912億円の債務超過」と言っていました。

借入金と社債残高は「1兆3890億円」とあります。

キャッシュフローで手元の現金を見てみますと「現金及び現金同等物期末残高 8045億200万円」とありますが、これはキャノンに売却した東芝メディカルシステムズの代金も入っていると思われます。

しかして倒産を匂わせるゴーイング・コンサーン(継続企業の前提に関する注記)が記載されています。

長短借入金は「1兆3889億9000万円」とあり、その内「2835億2300万円」が財務制限条項に抵触しているとあります。

この金額分は、銀行が求めれば、いつでも融資を回収できる額ですね。

しかしてこれが実行されますと社債やその他の借入金も強制的に東芝は、返済しなければならない可能性がある。

原発事業で今後も負わなければならない負債を考慮に入れると、

当社の今後の資金環境は厳しい状況となることが見込まれる

とあります。

資金繰りに問題が出てきそうです。

また東芝の特定建設業の許可の有効期限は今年の12月までであり、これが更新できなければ社会インフラ事業にとって重大な悪影響の可能性がある、と言っています。

従って、

当社には継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます

イギリスのニュージェネレーション株(ニュージェン)を東芝は60%保有していたのですが、フランスのENGIE社がもっていた40%分を東芝が153億円ですべて買い取り、今は100%保有しています。

仏ENGIE社からのニュージェネレーション社出資持分の取得について PDF

WH社の株も今は90%保有していますが、カザトムプロム社が10月1日以降プットオプションを行使すれば、東芝はWH社の株を100%保有することになる。

前月の会見でWH社への親会社保証は「8000億円」と言っていたのですが、「6500億円」に減少していました。

これに東芝が抱えるWH社の債券「1756億円」が損金処理されます。

計「8256億円」です。

第3四半期の決算が監査法人の承認を得られないのですから、今後も決算は出せないのではないか。

特設注意市場銘柄と監理銘柄の二つに東芝は指定されています。

上場廃止ではないか?

toushiba3.jpg


東芝株はエフィッシモにもてあそばれて仕手株化しています。

同じくもてあそばれてきたアメリカですが、トランプ大統領がこう言っています。



我々は朝鮮半島に非常に強力な艦隊と潜水艦を送っている。

北朝鮮も負けていません。

我々は「アメリカが望むあらゆる形態の戦争」への準備が整っている。



北朝鮮は核攻撃をするとまで警告しています。

核戦争です。

We'll nuke you! North Korea state media warns of a nuclear strike if provoked as U.S. warships approach デイリーメール

北朝鮮の国営メディアは、アメリカが朝鮮半島に艦隊を近づけ、挑発するならば核攻撃をすると言っています。

いきなり核ですか。

我が国が、アメリカの侵略のターゲットになれば、核攻撃を行う可能性があると警告しています。

トランプ大統領は、中国による隣国・北朝鮮への影響力行使を要請しましたが、もし中国が何も行動しない選択をするならば、アメリカがその問題を解決するだろう、と述べています。

中国は何もしていないのではなく、これをしています。

中国、北朝鮮からの石炭貨物の返還を商社に命令=関係筋 ロイター

石炭を北朝鮮から購入せず、送り返しています。

「屁」のような経済制裁ですが、することはしています。

仕方ありません。

習近平国家主席は、元々平和的な解決法を模索しているからです。

トランプ大統領にもそう言っています。



万が一、北朝鮮が崩壊しますと難民の問題や韓国が主導する南北統一では、北朝鮮にアメリカの基地が配備されてしまいますので中国の安全保障問題にとっても大問題となる。

中国としては崩壊してもらっては色々と困るでしょう

しかし恐らくトランプ大統領は、やるでしょう。

ちなみに北朝鮮からのミサイルは10分以内に日本に着弾します。

一旦撃たれますと、10分以内に逃げなければならない。

大変なことになりそうです。

スポンサーリンク



posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179412956

この記事へのトラックバック