2017年04月16日

北朝鮮・ミサイル発射失敗



















北朝鮮がミサイル発射、直後に爆発か 日経

韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が威鏡南道・新浦から16日午前に弾道ミサイルを発射し、失敗したとみられると発表した。


この前のミサイル発射失敗にしろ、アメリカのサイバー攻撃と言われています。

発射の残骸計画「Left of launch」と呼ばれているものであり、ミサイル発射直前か直後にサイバー攻撃によってミサイル制御を不能にしていく計画です。

北朝鮮のミサイル発射失敗の裏に、アメリカのサイバー攻撃あり? 現代ビジネス

去年辺りから割とうまくいっているのではないか。

中東での戦争と異なり、第二次朝鮮戦争は被害が甚大ですからね。

ただ時間を与えれば対策を練ってきます。

すべてのミサイルに対しては難しいかもしれない。

ただカールビンソンの前で発射を試みるというのは、恐れていないということでしょうね。

アメリカが本気を出して来た場合、反撃が凄そうです。

被害が甚大すぎて、結局は断念していくかもしれない。

北朝鮮が勝とうと思えば、ゲリラ戦しかありません。

既に日米韓には「トロイの木馬」が侵入しているはずですけどね。

スポンサーリンク



posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179455328

この記事へのトラックバック