2017年05月31日

資源大国・北朝鮮

イラク戦争は、オイルが目的と噂されていましたが、第二次朝鮮戦争を画策している者がいる場合、北朝鮮がもつ豊富な資源を目的としている不届き者がいるかもしれません。

北朝鮮は孤立させられている国家とプロパガンダで誘導されているわけですが、実はそうでもないようです。

これは北朝鮮と国交がある国とない国です。

画像をクリックで拡大縮小


北朝鮮と国交がない国は、わずか「35ヵ国」ほどであり、国交のある国は「164ヵ国」です。

割とメジャーな国です。

有名な国としてはアメリカ・日本・台湾・韓国・イスラエル・フランスが国交を結んでおらず、アジアのほとんど、並びにイギリス・ドイツ・デンマーク・オーストリア・ベルギー等、ヨーロッパ諸国のほとんど、あるいはアフリカのほとんどが北朝鮮と国交を結んでいます。

日本や韓国、あるいはアメリカは北朝鮮と国交のない少数派のようです。

これは少し意外でした。

この画像を見れば歴然としていますが、北朝鮮は孤立国家というイメージと異なり、ほとんどの国と国交を結んでいます。


緑色が国交のある国であり、赤色がかつて国交はあったけれども、今はない国、灰色が初めから国交のない国です。

日本や韓国は少数派であることが分かります。

中東は豊富な原油で有名ですが、北朝鮮は豊富な地下資源で有名です。

この論文を読みますと凄いですね。


金(ゴールド)   世界第7位

鉄鉱石       世界第10位

亜鉛        世界第5位

鉛         世界第7位

重石        世界第4位

希土類(レアアース)世界第6位

マグネサイト    世界第3位

黒鉛        世界第4位


世界トップ10の埋蔵量をもつ鉱物が「8種類」もランクインしています。

ただ論文を読みますと数字があわないものもあるようです。

sigen4.PNG

論文の相違でしょうが、マグネサイトが2位となっていたり、金が6位となっていたり、鉄鉱石が9位となっていたり、多少の相違はあるようです。

特に北朝鮮はマグネサイトを60億トンもっており、価格で換算すればこのマグネサイトだけで「260兆円」にもなります。

金は2000トンの埋蔵量を誇り、価格で換算すれば「2兆円〜3兆円」と言われています。

一番下ですね。

sigen2.PNG

生産量は「2トン」ですが、埋蔵量は「2000トン」です。

天然ウランは、統計上はオーストラリアが世界第1位ですが、実は北朝鮮が世界第1位です。


このグラフではオーストラリアの可採埋蔵量が「28%」、つまり「160万トン」ほどですが、北朝鮮の可採埋蔵量は「400万トン」です。

ウランに関しては事実上、オーストラリアを超えて北朝鮮が世界第1位です。

北朝鮮核開発の原動力は良質なウラン=韓国専門家 聯合ニュース

韓国政府の核専門家は2日、北朝鮮のウラン埋蔵量は約2600万トンで、可採量は400万トンに達するとし、「北朝鮮の核開発は良質なウラン資源が原動力になっている」と述べた。

2010年現在、全世界のウラン供給量は年間7万1000トンほど。

北朝鮮のウラン資源量は北朝鮮を除く全世界の資源量の5〜6倍に上り、純度も高いため、経済性が非常に高いと分析されている。


埋蔵量が「2600万トン」と圧倒的であり、可採埋蔵量が「400万トン」です。

これだけウランが自前で賄えれば、いくらでも核兵器が作れます。

しかして実際、北朝鮮は地下資源をいくら保有しているのでしょう。

600兆円〜700兆円」と思い込んでいたわけですが、これは2008年の数字であり、2011年の数字では「1160兆円」となっています。

sigen3.PNG

北朝鮮の資源価値は「10兆4340億7700万ドル」であり、ドル円を111円で計算しますと「1158兆1825億4700万円」となる。

とてつもない資源です。

また朝鮮半島を併合して、倭人巡査野郎の地主野郎になれば、日本の借金は帳消しになる。

きっかけさえあれば、潜在的に凄まじい経済発展をしていくポテンシャルを持った国と言えます。

そう言えばあのジム・ロジャーズ氏も、北朝鮮への投資を考え、また勧めていました。

数年で韓国と北朝鮮は統一すると予測し、ジム・ロジャーズ氏は、すべてのお金をもって北朝鮮に移住したいとまで言っていました。

大富豪ジム・ロジャーズ氏が「北朝鮮に全財産を投資したい」と語る理由 デイリーNK

これだけの長期的な経済制裁を受けながら、北朝鮮経済はGDPで1%以上成長し続けているのです。

大したものです。

北朝鮮は海外にも労働者を5万人ほど派遣しており、そこからの外貨が「2億ドル〜3億ドル」と言われています。

テポドンを除いたミサイルは1基「1億円〜3億円」ですから、弾道ミサイル実験の費用は問題なさそうです。

テポドンでも1基「10億円」ほどと言われています。

しかしてトランプ大統領は、北朝鮮の核プログラムとICBMは認めないでしょうね。

何らかのアクションを起こす可能性が高いと思っています。

ただその時、恐らくこの豊富な北朝鮮の資源も心の隅にはあるのでしょうね。

スポンサーリンク



posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179915823

この記事へのトラックバック