2017年08月08日

立て替え



ギリシャのアテネにある古代ポセイドン神殿の上に満月がかかっています。

しかも少し欠けている部分月食が、より一層満月を美しく彩っています。

息をのみますね。

ゼウス神によれば、海神ポセイドンは地獄に堕ちているわけではなく、時折、傲慢な人間の乗る船等相手に地中海辺りをあらしたり、自然霊のような動きをしているようです。

ポセイドンに捧げものというか、航海の無事を祈れば、助けてくれるのに、神々を畏れなくなった人間は、そのようなことも理解できないのでしょう。

しかして美しい満月です。

トランプ大統領は休暇中ですが、8月20日までです。

やはりここでも気になる「8月21日」という日にちが暗示されています。

トランプ大統領の休暇明けの「8月21日」にアメリカで皆既日食、グレート・アメリカン・エクリプスが始まります。

皆既日食後、半年間はそのエネルギーの影響を受けるようですが、本当に惑星が人類に影響を与えるのかどうか注目しています。

自己の当ブログに対するバカな犯罪行為によって立て替えを断念した艮の金神ですが、だからと言って立て替えがないというわけではありません。

それは望んでおりませんが、恐らくあるでしょう。

当ブログの真理を中心に開始されます。

人民共通の利益に基づいた国家契約である民主主義は、利益を目的とし、神の体(利益)を「天」においている政治体制です。

唯物論も物質(神の体)を「天」に置いている政治体制です。

中東の宗教国家も、やはり古い宗教的真理ですから、そのままにしておくこともできないと思われます。

物質宇宙は神の所作物ではなく、神の表現であり、神の心が永遠に「天」であり、神の体は永遠に「地」なのです。

正義が「天」であり、利益と国益は「地」です。

これは永遠にそうなっているわけですね。

この大宇宙(神)の構造と仕組みと人類と世界は逆をしているのです。

利益と物質を「天」に置き、拝ませているわけです。

全世界的規模で神の体を拝む「偶像崇拝」が行われており、それをそのまま数百年後の神の子達にこのままずっと拝ませ続けるというのも、どうしても考えにくいのです。

しかして全世界的規模、全人類的規模で神の体を拝んでおりますので、その立て替え、いわゆる破壊ですが、全地球的規模で行われる可能性が高いのです。

事実そう預言されてきました。

悪は時間をかけて衰退させていけばいいじゃんと思っているわけですが、この際、悪党を全員滅ぼして、もう霊天上界みたいにこの世が善人ばっかりの世界を造るかもしれません。

地球のどこに行っても、もう善人だらけ。

もう天上界みたい。

こういうスカッとすらぁ、ひとっ風呂浴びてくらぁ、もうスッキリしたぁ、みたいな世界を意図しているかもしれない。

ただしこの場合、大変な犠牲を伴うわけですけどね。

私は少なくとも望んでいません。

ただ全世界的規模で間違ったことをしておりますので、全世界的規模の破壊の可能性が高い。

それはこの世の人間がやることでも、できることでもありませんが、そのままにしておくのも神の愛の不在を後世感じさせる、よろしくない影響を与える可能性がある。

大体、神の体を人類全員が拝んでいる人類自身が悪いんですけどね。

神罰を言うわけではありませんが、人間でもあまりにも部屋が汚くなりますと、やはり掃除したくなるのです。

そのままにできないし、そのままにしておきますと部屋が、もっと汚くなるわけです。

そりゃ、掃除したくなるわね。

別に人間を滅ぼしたい神霊などいませんけれども、あまりにも部屋が汚いとね。

地球はそれ自体、神を拝む「神殿」であり、割と人間が思っている以上に神性な場所なわけです。

結果論ですが、その神殿を結局は人間が、利益と国益で汚しているのです。

別に諸神霊が汚しているわけではないし、汚せと言っているわけでもない。

人間が汚しているのです。

だから神々は、

片付けなさい。

あなたが散らかしたのですから、あなたが片付けなさい


と常に言ってきたのですが、片付けないために神殿が穢れているわけです。

心を反省によって掃除し、神の心を悟ることによって浄化しなさいと常に誰かが言っているのです。

ところがええ子して、利益と国益を追うことをやめないわけです。

利益と快楽という「糞」を追っているくせに、数千ドルのスーツを着て、真っ当な人間の振りをしているわけです。

シルクでケツを拭いているような人間ばかりを作って、

・・こりゃ、もうたまらん

といった感じでしょうかね。

ごめんね、言葉悪くて。

こういった時には、諸神霊が出てきて無理やり掃除をするのです。

この神の大晦日ではありませんが、年末の大掃除みたいにやりますと、地球は確かに綺麗になるのですが、その代わりもの凄い犠牲がでます。

特に今回は、恐らく惑星意識の干渉があった。

ならば立て替えは惑星単位のものになる。

私は、悪党は時間をかけて衰退をさせればいいじゃんと言う立場ですが、立て替えは諸神霊がやることですので多分、彼らの判断は、惑星単位の掃除であり、惑星単位の仏国土創造です。

やっぱり望んでいないのですけどね。


スポンサーリンク



posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神理関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180595444

この記事へのトラックバック