2017年09月01日

「先住民の日」に変更

ハービー」の死亡者数が一人増えています。

米テキサス州、「ハービー」被害で死者38人 100万人超が避難 ロイター

米南部テキサス州を25日に直撃した大型ハリケーン「ハービー」の被害は拡大し、洪水などでこれまでに少なくとも38人が死亡、自宅から避難した市民は100万人を超えている。

ハービー」はテキサス州からは去ったようですが、深い爪痕を残しました。

死者は「38人」、避難者は「100万人」とあります。

東日本大震災の避難者が「34万7000人」ですから、「ハービー」は東日本大震災の約3倍の避難者を出していることになる。

これから長い復興の道を歩むことになります。

コロンブス像の破壊が相次いでいます。



スクリーンショット (1521).pngスクリーンショット (1522).pngスクリーンショット (1523).pngスクリーンショット (1524).pngスクリーンショット (1526).pngスクリーンショット (1529).png

平行して南軍の将軍のモニュメントも落書きや破壊が相次いでいるようです。

日本での報道はこれです。


ついに記念碑のみならず、首の根っこからコロンブス象を破壊しています。

新大陸発見の功績と言いますが、あくまでヨーロッパの視点から述べているのであり、さすがに偏っています。

新大陸発見と言っても無主地ではなかったし、大体先住民が既に暮らしていたわけであり、発見もへったくれもない。

コロンブスの発見から500年前には欧州のバイキングが既に見つけています。

だから新大陸の発見と言っても怪しいわけです。

確かアメリカ本土にコロンブスは上陸もしていなかったのではなかったか。

キリスト教の布教に貢献したから、あの世でご褒美に洗脳でもしたのではないか?

コロンブスだのジョージ・ワシントンだの言っていけば、いずれキリスト教とイエスに行ってしまいますよ。

南北アメリカ大陸の先住民をキリスト教化するために虐殺は行われたわけですからね。

カールハインツ・デシュナーによれば、アメリカ大陸の先住民は、わずか150年で1億人虐殺されたと言っています。

スペインのコンキスタドールの虐殺は酷かったですからね。

コロンブスはその一人に過ぎない。

共通点はキリスト教化です。

愛の教えで広がった宗教ではないでしょう。

すべて虐殺と奴隷制で広がっている。

コロンブスに関与すれば、芋ずる式でスペインの異常とも言える虐殺を避けて通れなくなる。

ヨーロッパに飛び火すれば、十字軍だの魔女裁判だのに行ってしまいます。

ハイドロスコープやアストロラーベを作った天才女哲学者・ヒュパチア殺害の件や地動説という真実を述べたために火あぶりにあったジョルダーノ・ブルーノ、70万冊に及ぶ古代の知の集積所・アレキサンドリア図書館の焼き討ちから汎神論・多神教の徹底的な破壊と虐殺、こういったこともすべて問題視されてくる。

すべて行ったのはキリスト教徒の狂信者と盲信者共であり、それを南北アメリカ大陸で行ったに過ぎず、欧州で行っていた虐殺の延長です。

そのおかげでキリスト教は世界に広まりましたからね。

広まってもいいけれども、半分以上も地獄界に堕ちるようでは意味ないと思いますけどね。

しかも方便の善ですから、無限化すれば悪も無限化していきます。

やはり無限化するには無限化していいだけの質をもった真理を悟り、説かなければならない。

ロサンゼルス市が、「コロンブス・デー」を「先住民の日」と改名です。


10月の第2月曜日と言えば、「10月9日」です。

これが「先住民の日」に変わるようです。

今まで「コロンブス・デー」をアメリカで変更した地域はこれです。

大抵は「先住民の日」なのですが、ハワイは「ディスカバリーの日」となっています。


アメリカ国内では続々と変更されています。

それだけ市民レベルで周知されてきたということでしょう。

市民レベルのプロテストを見れば、分かります。

DIgQUp5XoAIeVep.jpg

言葉は必要ないですね。

まさに一撃です。

これとかね。

Cuck-uQWgAA-saa.jpg

コロンブスが指名手配されています。

DIlgfsvXUAAwacB.jpgoG4omQUZ.jpgt52lZuqV.jpg

もうプラカードを見ればわかります。

コロンブスはヨーロッパの1492年以来の不法移民だの、コロンブスはヒーローではなかっただのクリスチャンのテロは1492年から始まっただの、ちなみに1492年というのはコロンブスが新大陸を発見した年であり、虐殺が開始された年という意味です。

実際、キリスト教徒は、それより遥か以前、欧州で虐殺をやってますけどね。

DIf-vNAUMAEiy_n.jpg

コロンブス以前の先住民は「25万人」いた。

それから23年後には「5万人」となり、コロンブスの新大陸発見から58年後には先住民は、わずか「500人」にまで減少している。

こういうのをジェノサイドと言う。

一般レベルでも知られてきたということでしょう。

コロンブスに触れますと、最期にはキリスト教のイエスまで行ってしまいますよ。

いいのでしょうか。

一応、知らないなりに尊敬してきたのでしょう。

この問題は、何かきな臭く、どういう展開を見せていくのか注視しています。

スポンサーリンク



posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180855949

この記事へのトラックバック