2017年09月06日

最強のハリケーン「イルマ」



ハリケーン「イルマ」の勢力が、更に増しています。

「175mph」から「185mph(マイル・パー・アワー)」へ、「929mb」から「914mb(ミリバール)」へ増しています。

DJCIdRuXgAA9Hb2.jpg
DJCa8dQXUAA6Yzf.jpg
DJAwsG8WsAENQl1.jpg

この「イルマ」は大西洋で発生したハリケーンとしては、アメリカ史上最大規模であり、歴代でも「アレン」に次ぎ第2位だそうです。


最大カテゴリー5のままカリブ海に向かって進軍しています。

ちなみにカテゴリー1〜5までを実況中継している面白い動画がありました。

これです。


カテゴリー5は、さすがに凄いです。

これがフロリダを直撃しますと、相当な被害が出そうです。


上陸する何日も前から既にフロリダ州には「非常事態宣言」が発令されています。

大型ハリケーン「イルマ」、カリブ海は上陸に備え 米フロリダ州には非常事態宣言 BBC

「185mph」とは、風速「82.7メートル/秒」です。

米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、「イルマ」は時速24キロで動いており、「壊滅的なものになり得る」という。

米フロリダ州では南端のキーウェスト諸島に避難命令を出した。

住民は食料や水などを買いだめしており、商店が品薄になっている場所もあるという。

リカルド・ロッセロ知事は、「イルマ」について「前例のない」事態だと警告している。


また「前例がない」とか「最大規模」と言っています。

フロリダ州は、元々ハリケーンに慣れている土地柄のはずですが、それでもこの緊張感です。

今回の「イルマ」は、ある意味「別格」なのでしょう。

住民が食料や飲料水を買いだめしているために品薄になっているとあります。

これです。


DI-V5i_UEAAMbl5.jpg
DI-XjVAWAAAfi7J.jpg

恐らく空の棚にあったのは食料と飲料水なのでしょう。

日本でも有名なコストコですが、住民が食料と水を求めて長蛇の列を作っています。


ハリケーン「イルマ」のフロリダへの上陸は、土曜日と思っていたのですが、実際は現地時間の日曜日だそうです。

日本時間は13時間ほど進んでおりますので、午後12時ですと日本時間では月曜日の深夜1時ごろとなります。

日曜日の午後から月曜日深夜にかけて上陸するようです。


ハービー」で甚大な被害を出したばかりのアメリカに、また最大規模のハリケーン「イルマ」が襲います。

このように短期間の間に2つも巨大ハリケーンが襲来するというのも、あまり聞いたことがありません。

DI9_xX9XgAU2my_.jpg

しかも「イルマ」の背後からは「ホセ(JOSE)」が追ってきており、「ホセ」は今週後半にはハリケーンに発達する見通しです。

今はまだトロピカル・ストーム(熱帯性暴風雨)です。

DJCZOTpWsAA4HST.jpg
DJCVw6EWsAAW6oK.jpg

気候変動でしょうね。

海水面温度の上昇によってハリケーンの威力も増大しているのだと思います。

ならばこの傾向は年々、酷くなっていくことになる。

ハービー」で20兆円規模の被害ならば、この「イルマ」も同じく20兆円規模の被害を出すかもしれません。

合わせて40兆円規模ならば、日本の税収とほぼ同じです。

大変な被害です。

今まで国益と利益を追い、好き勝手自然界を破壊してきたわけですが、今は自然界が文明に復讐しているように見える。

自然界に勝てやしないのに。

自然界という神の神殿に対して暴虐を行ってきたわけですが、ある閾値を超えますと反作用を受ける。

神の神殿は神の心を拝み、神の心を謙虚に悟る場所であり、金儲けのために神殿を作るバカはいないわけです。

大宇宙創造の目的は、国益でもなく、利益でもない。

大宇宙は神の心を悟る道場であり、学校です。

お前、学校行くのに、給料もらいに学校行くバカいんのかと、お節介にも啓示されたことがあります。

ほんと、ありがた迷惑でね。

お前、学校行くのは、授業料を払い、金払ってでも勉強させて頂いておるんじゃないのか、と。

給料もらうなんぞ許さんぞ。

経済も一緒だぞ。

経済活動を通して、神の御心と善悪を勉強させて頂いているんだぞ、と。

給料もらうための経済活動なんぞ許さんぞ。

金払ってでも神の御心と善悪を、神の学校で勉強させて頂いているんだぞ、と。

給料もらうために学校行くなんぞ許さんぞ、と。

給料もらうために学校に行くバカいんのか、と。

この世は神の学校です。

今後は、給料もらうために学校で勉強なんぞ許さんぞ、と。

この貧乏神がね。

でも資本主義では給料もらうシステムになっているわけですね。

資本家に労働力を提供する代わりに資本家は賃金を払う。

この労使関係が気に入らない霊が、あの世にいるようで、一生懸命給料もらっている者達相手に、

あいつ、神の学校で給料もらってる。

減らしにいこ。

あいつ、神の学校でボーナスもらってる。

減らしにいこ。

あいつ、また金追ってる。

メグリとってやろ。

借金増やしてやろ


ほんと貧乏神というのはね。

だから日本は借金だらけなんですよ、ほんとはね。

こういう詭弁で人間が金を放棄してくれれば、いくらでも金で支配できるということです。

啓示している本人らは、財閥系統や金持ち、地位名誉に巣食っているわけですからね。

これが本音の行動ですから、うのみにすれば、魔に堕ちます。

しかして中途半端な善人は、こういった善らしき説法にすぐ騙されるわけです。

うのみにすれば、真理を誤解しますよ。

金と物質を否定している傲慢ですからね。

学校そのものを否定している連中の説法です。

実際の真理は、この貧乏神とは逆です。

だから日本はアジアのリーダーになれなかったのです。

神の心と常に逆をしているからです。

これも方便の善の一つではありますが、もはやどうでもいいことなんですね。

ほんとはね。

スポンサーリンク



posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180910606

この記事へのトラックバック