2017年04月17日

緊迫の北朝鮮情勢 取りあえず収束か

空母ニミッツが,西海岸カリフォルニアを出港し、西太平洋に向かっています。

これで空母カールビンソンと合わせて2隻の空母が朝鮮半島を取り囲むことになります。

米空母 25日ごろ朝鮮半島東の海上に=対北抑止へ武力誇示 聯合ニュース

朝鮮半島に向けて航行中の米原子力空母カール・ビンソンが25日ごろ朝鮮半島東の海域に入る見通しであることが17日、韓国政府筋の話で分かった。

朝鮮半島には4月16日に到着予定だったはずですが、4月25日となっています。

朝鮮半島の東側と言えば、日本海(韓国名・東海)でしょう。

ここが目的地のようです。

来週初めにはカール・ビンソンに加え、横須賀で整備中のロナルド・レーガン、現在西太平洋に向かっているニミッツの計3隻の空母が朝鮮半島の戦区(軍事作戦区域)に位置することになる。

一つの戦区で空母3隻が活動するのは異例で、韓国政府筋は「トランプ米政権が北への抑止力を行動で示している」と評価する。


朝鮮半島に3隻の空母が派遣されるようです。

ここですね。



朝鮮半島を囲んでいる海は、日本海・黄海・東シナ海の三つです。

カールビンソンを日本海に配置するなら、ロナルド・レーガンとニミッツはどちらかが黄海への配置となり、どちらかが東シナ海への配置となるのでしょう。

北の国境には中国軍がおりますので、北朝鮮は東西南北を敵に囲まれた状況に置かれることになる。

しかして3隻の空母というのは威圧感があります。

軍事情報専門サイト「サウスフロント」によれば、現在のアメリカが保有する10隻の空母の位置はこれです。

ただしこれは2017年4月14日時点の位置です。


地図上の「」は海上にある空母であり、「薄い茶色」はメンテナンス中です。

濃い茶色」は母港に停泊していることを意味しています。

従って4月14日時点のアメリカの空母の位置はこうなります。

       海上

空母ジョージ・H・W・ブッシュ(CVN-77)

空母カール・ビンソン(CVN-70)

空母ニミッツ(CVN-68)

空母ドワイト・D・アイゼンハワー(CVN-69)

       母港

空母セオドア・ルーズベルト(CVN-71)

空母ジョージ・ワシントン(CVN-73)

空母ジョン・C・ステニス(CVN-74)

空母ハリー・S・トルーマン(CVN-75)


       メンテナンス

空母ロナルド・レーガン(CVN-76)

空母アブラハム・リンカーン(CVN-72)


これを見ますと確かに空母カール・ビンソン(CVN-70)は朝鮮半島に向かっています。

空母ニミッツ(CVN-68)はアメリカ西海岸を離れています。

朝鮮半島に向かっているのでしょう。

日本の横須賀に停留している空母ロナルド・レーガン(CVN-76)は、今年の1月25日から4ヵ月間のメンテナンスに入っています。

空母ロナルド・レーガン(CVN-76)が出港できるのは、今年の5月26日以降となります。

3隻の空母で北朝鮮に圧力をかけるつもりならば、空母ロナルド・レーガンは5月25日まで動けませんから朝鮮半島有事となりますとこの日付け以降となる。

2隻の空母、カールビンソンとニミッツの2隻で圧力を加える気ならばニミッツが朝鮮半島に到着するのは大体2週間後と言われておりますので、4月12日から2週間後、すなわち4月26日以降となる。

どちらかは分かりませんが、ただトランプ大統領は、中国が解決するか、アメリカが解決するか、どちらかだと言っておりましたので、まずは中国にまかせているのではないか。

スクリーンショット (1132).png

軍事的圧力は加えますが、中国の尻を叩いて、ある程度の解決の時間を与えているのではないか。

3か月か、半年か、あるいは1年かは分かりませんが、いきなり解決せよと言っているのではなく、時間を与えて解決を促しているように見える。

北朝鮮経済は、その90%を中国に依存しており、本気で中国が圧力を加えますと崩壊させることができます。

原油を止めるだけで1週間もすれば、経済を停止させることができる。

ただ中国はそこまでしたくないわけです。

隣国が韓国主導の資本主義国になることを嫌悪しておりますし、北朝鮮は資本主義と社会主義を分ける緩衝地帯の役割を果たしてきました。

中国にとっては現状維持が最も望ましい。

ただアメリカとしては自国を射程圏内に入れた、核弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイルだけは作らせるわけにはいかない。

よりアメリカを安全にすると約束して大統領になったわけですから支持者との約束を破るわけにはいきません。

これがアメリカの引いた「レッドライン」でしょう。

ある程度時間をかけて、それでもどうしても中国が北朝鮮問題を解決できないならば、アメリカが解決しようとするでしょう。

ただアメリカの親分の方は、荒っぽいですからね。

大変な犠牲がでるでしょう。

アメリカ・ファースト」ですからアメリカ国民の利益を第一に優先するはずです。

その結果として韓国や日本が犠牲になったとしても、やむを得ないと思っていると思う。

取りあえずは中国に下駄を預けた格好でしょうか。

それまでは色々と北朝鮮の調査と情報収集に力を入れるのではないか。

ならば緊張はあっても当面、朝鮮半島有事は避けられそうです。

3隻の空母が集結する5月26日以降、また緊張が再現されそうです。

ただそれまでに北朝鮮が核実験を強行しますと、また状況は混とんとしてきます。

アメリカに任せますと朝鮮半島有事は決定的ですから、アジアは中国頼みとならざるを得ない。

中国がアジアを救えるかどうかでしょうね。

父親の金正日は、17年間の就任期間中、核実験を2回しか実施しておりませんが、金正恩は2012年に就任してから、わずか5年で3回も核実験を強行しています。

金正恩は核兵器と弾道ミサイルをあきらめることはないでしょうね。

あきらめることは命綱を離す行為に等しいはずです。

そしてその命綱を握りしめる行為が、アメリカの侵略を招き、みずからの命を縮めることになる。

中国が解決できず、北朝鮮が核と弾道ミサイルの命綱を握りしめ続ける限り、アメリカとの戦争は避けられず、朝鮮半島有事は現実となる。

そうなれば、恐らくアジア情勢は泥沼化していく。

とにかく中国に何とかしてもらう以外にはない。

東洋の盟主としてアジアを救えるかどうかの試金石でしょう。

完全とはいきませんが、取りあえず夏ごろまでは大丈夫なのではないか。

恐らくニミッツとロナルド・レーガンが集結するまでは、朝鮮半島有事は避けられそうに思います。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2017年04月16日

世界終末時計

トランプ大統領が、北朝鮮に関して意味深な最新のツイートを出しました。



中国が北朝鮮問題について我々と協力している時、なぜ私が中国を為替操作国と呼べようか?

我々は、今後の事態を注視する!


誤訳のご指摘に感謝します。記事の該当部分も修正しておきます

中国がアメリカに協力的ではない時、為替操作国と呼び、協力的な時は為替操作国と呼ばない。

つまり中国の対応に未だ期待していると取れます。

中国が協力的ではなく、この北朝鮮問題を解決できないならば、我々アメリカと同盟国がやる。

つまり北朝鮮問題を解決する。

中国に期待できない場合は、戦争になると読めます。

核兵器を放棄させ、弾道ミサイル計画をやめさせるということでしょう。

どうやって?

つまり戦争でしょうから、第二次朝鮮戦争は避けられないという意味にしか取れない。

中東に何百万発の爆弾を落とそうとも「ハルマゲドン(世界最終戦争)」は起こりそうにありませんが、北朝鮮には1発でも爆弾を落とせば「ハルマゲドン」が起こりそうです。

事実、欧米のサイトでは「ドゥームズ・デイ(最後の審判)」だの「ハルマゲドン(Armageddon・最終戦争)」などという言葉が躍ってます。

Inside The World's "Doomsday Vault" ゼロヘッジ

現在、マイク・ペンス副大統領が訪韓しておりますが、18日には日本の安倍総理とも会談します。

オーストラリア、インドネシアと4月25日までアジアを歴訪するようです。

4月25日とは北朝鮮人民軍創設85周年です。

米韓合同軍事演習が終わるのは4月30日です。

軍事演習中に戦争に入ったグレナダ侵攻の例もあります。

開戦日を通知しに回っているのでしょうか。

何もこんな時に急いで来なくてもね。

核実験の準備をしたのに、それをまた解除するのは非常に危険な行為と言われておりますので、一旦準備した限りは、核実験は遂行されます。

そしてこれを行えばアメリカが決めた「レッド・ライン」を超えることになるかもしれません。

北朝鮮は38度線付近から砲弾を1時間で50万発撃ち、それを数時間継続できると言われています。

防ぐのはほぼ不可能です。

ソウルを撃たせないためには、大規模な攻撃にならざるを得ない。

通常、アメリカは最初にジャミング(レーダー妨害)や妨害電波でネットワークを麻痺させて敵の眼を塞ぎ、反撃できないようにして攻撃します。

しかしてこれは北朝鮮に対しては一定の効果しか上げそうにありません。

失敗したらどうするのでしょう。

韓国と日本が壊滅するだけです。

中国や韓国の指導部はすべて攻撃反対なのですが、日本の安倍総理だけは理解を示し、賛成しています。

おかげで何十発かミサイルが飛んできそうです。

日本のイージス艦は4隻あり、うち1隻はドッグ入りで使用可能なイージス艦は3隻しかありません。

1隻のイージス艦で撃ち落とせるミサイルは「2発」と言われており、3隻ならば撃ち落とせるのは「6発」です。

それを超えて大量に撃ち込まれますと地上配備の「PAC3」でも防ぎようがない。

在韓米軍、あるいは在日米軍の家族等が避難を始めれば、時は近いということになる。

アメリカ軍とそのサイバー攻撃の効果に期待するしかありません。

4月中はないと思っていたのですが、緊張が高まっています。

被害はこの記事に書かれています。

米国は北朝鮮を攻撃できるか?「トランプー金正恩」の「究極のチキンレース」辺真一

米国はクリントン政権時代(1992−2000年)の1994年に一度だけ、北朝鮮への攻撃を真剣に検討したことがあった。

クリントン大統領は全面戦争という最悪のシナリオに備え1994年5月19日、シュリガシュビリ統合参謀本部議長らから戦争シミュレーションのブリーフィングを受けた。

シミュレーションの結果は「戦争が勃発すれば、開戦90日間で

▲5万2千人の米軍が被害を受ける

▲韓国軍は49万人の死者を出す

▲戦争費用は610億ドルを超える。

最終的に戦費は1千億ドルを越す」という衝撃的なものだった。

当時、極東に配備されていた在日米軍3万3千4百人と在韓米軍2万8千5百人を合わせると、約6万2千人。

なんとその約8割が緒戦3か月で被害を受けることになる。

駐韓米軍のラック司令官にいたっては「南北間の隣接性と大都市戦争の特殊性からして米国人8万〜10万人を含め(民間人から)100万人の死者が出る」と報告していた。


戦費は1000億ドルかかり、韓国と日本にいるアメリカ軍の80%が最初の3か月で被害を受ける。

民間人を合わせると「100万人の死者」を出す、と言っています。

ただ1994年というのは、北朝鮮は核兵器をまだ保有しておらず、攻撃力も大したことはなかった。

現時点の攻撃力が進歩している北朝鮮ならば、これ以上の被害が出ると思っていた方がいいのではないか。

特に韓国はGDPと人口の半分を占める「ソウル」を抱えており、ここが集中的に狙われると予測されています。

戦争となれば韓国経済は崩壊してしまいます。

だから韓国指導部は、先制攻撃を決して認容しません。

日本も東京に1発でも撃たれれば終りであり、国家機能は停止します。

いわんや東京オリンピックもできなくなるでしょう。

北朝鮮も最後となれば、核兵器を使用するかもしれず、生物・化学兵器も使うかもしれない。

スクリーンショット (1115).pngスクリーンショット (1120).png

こんなこと言ってますからね。

少なくとも「平和ボケ」は吹き飛ぶでしょうね。

中国に期待しておりましたが、トランプ大統領のツイートでは期待できないような口ぶりです。

世界終末時計は今年1月、トランプ氏の発言で「30秒」進み、現時点では「2分30秒前」ですが、第二次朝鮮戦争が勃発しますと、更にこの時計の針は進むでしょう。

「世界終末時計」残り2分半、トランプ発言で30秒進む 日経

第2次世界大戦後の冷戦期だった1953年の残り2分以来、時計の針は最も深夜に近づいた。

前回時計の針が動いたのは2015年。

残り5分から残り3分に進んだ。

終末時計は核兵器などによって人類が滅びる可能性を仮想的に示している。

47年に初めて登場した際は7分前だった。

その後、核開発競争や冷戦終結など世界の動きをみながら時計の針を進めたり戻したりしている。


戦争が勃発しますと当然、この世界終末時計の針は進むでしょうね。

2分前」を割り込むかもしれません。

日本と韓国にとっては死活問題だと思いますけどね。

あいも変わらず日本は対米追従です。

戦後のこの対米従属主義には高い代償が伴いそうです。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

北朝鮮・ミサイル発射失敗



















北朝鮮がミサイル発射、直後に爆発か 日経

韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が威鏡南道・新浦から16日午前に弾道ミサイルを発射し、失敗したとみられると発表した。


この前のミサイル発射失敗にしろ、アメリカのサイバー攻撃と言われています。

発射の残骸計画「Left of launch」と呼ばれているものであり、ミサイル発射直前か直後にサイバー攻撃によってミサイル制御を不能にしていく計画です。

北朝鮮のミサイル発射失敗の裏に、アメリカのサイバー攻撃あり? 現代ビジネス

去年辺りから割とうまくいっているのではないか。

中東での戦争と異なり、第二次朝鮮戦争は被害が甚大ですからね。

ただ時間を与えれば対策を練ってきます。

すべてのミサイルに対しては難しいかもしれない。

ただカールビンソンの前で発射を試みるというのは、恐れていないということでしょうね。

アメリカが本気を出して来た場合、反撃が凄そうです。

被害が甚大すぎて、結局は断念していくかもしれない。

北朝鮮が勝とうと思えば、ゲリラ戦しかありません。

既に日米韓には「トロイの木馬」が侵入しているはずですけどね。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際