2017年11月28日

おかしな噴煙



ここでカンポス議員は、慰安婦の方を侮辱している歴史修正主義者を「SHAME ON YOU(恥を知れ)」と4回述べ、この恥知らず共の背後に日本政府が後押ししていないことを望む、と言っています。

ところが当然、背後に政府がいたわけです。


またカンポス議員の「Shame on you(恥を知れ)」に対してお気に召さなかったのか、早速あの奇怪で得体のしれない生命体であるネトウヨが、カンポス議員のツイッターに総攻撃を仕掛けています。

カンポス議員の発言は、2015年と2年以上も前の発言であり、2017年末の今頃になっていきなり、降って湧いたような攻撃的なツイートには戸惑ったと思います。

"same on you"って何だよ。

DPntxJHUMAAvIq6.jpg

Shame on you」を「same on you」とつづりを間違えている点が、笑えます。

「h」が抜けるだけで意味が逆になる。

他のツイートでも顰蹙をかっているようです。


あまり引用したくありませんが、カンポス議員のツイッターに投稿されているツイートがこれです。

少し下の「豪(神)」というのが酷いです。

カンポス議員 1

カンポス議員 2

面識もない外国人をいきなり罵倒している点にネトウヨ特有の不気味さを感じます。

DKanxgVU8AIyyDf.jpg

アグン山の噴火警戒レベルが最高水準(レベル4・AWAS「危険」)に引き上げられましたが、空港の閉鎖は本日の朝までだったはずですが、未だ3000メートル級の噴煙が上がっており、活発化しているため、閉鎖は明日の29日朝7時まで延長されました。

スクリーンショット (1710).png

空港の閉鎖によってバリ島に足止めされた人は多く、このまま噴火が継続していけば、帰国できない最悪の事態を招きます。

スクリーンショット (1714).pngスクリーンショット (1715).pngスクリーンショット (1716).pngスクリーンショット (1717).pngスクリーンショット (1718).pngスクリーンショット (1719).pngスクリーンショット (1720).pngスクリーンショット (1721).pngスクリーンショット (1722).pngスクリーンショット (1723).pngスクリーンショット (1725).pngスクリーンショット (1726).pngスクリーンショット (1729).pngスクリーンショット (1731).pngスクリーンショット (1732).png


DPesjmCVoAA29u4.jpg

DPuQNejVwAArVus.jpg


当局者は今後、今以上の規模の噴火が発生する可能性が、極めて高いと述べています。


ネトウヨとかけてアグン山と解く。

その心は、「どちらも不気味」です。


DPtu_VGXcAAAjaM.jpgDPtt9WpVoAEauFn.jpg

前回、1963年の噴火と同規模の噴火ならば、その被害の影響圏と予測されている22の村に住む10万人は、既に避難している模様であり、深刻な被害は免れるように思う。

ただ人間の思う通りに噴火してくれるわけでもなく、また前回と同規模の噴火である保証もなく、もしかすると前回の規模を超えた巨大噴火を起こすかもしれない。

前例のないという事態ということですが、人類はそれを既に何度も経験しています。

その前兆かもしれませんが、アグン山の噴煙の色がおかしいという記事です。

バリ島火山「噴煙の色が変だ!」雨季に突入し 火山泥流も発生 ハザードラボ

バリ島は、既に雨季に入っており、この期間に大噴火が起こりますと、想像を絶するラハールが発生するかもしれない。

現在は雨季にあたるため、ふもとの川には、水を含んだ火山灰や溶岩が流れる火山泥流が発生していて、二次災害の危険性が高まっている。

アグン山では今月21日以降、噴火の勢いが日ごとに激化しており、インドネシア国家災害管理局(BNPB)は27日午後6時(現地時間)、警戒レベルを危険度が最も高いレベル4に引き上げた。

夜間に監視カメラがとらえた画像を見ると、山頂周辺が非常に明るく、火口底部にマグマが上昇していると推測される。


予測できない不気味さですが、記事ではマグマ噴火による黒い噴煙と水蒸気爆発の白い噴煙の両方が立ち上っており、噴煙がおかしいと投稿しています。

ストポ・プルウォ・ヌグロホ(Sutopo Purwo Nugroho)報道官は27日、ツイッターで「マグマ噴火による黒い噴煙と、水蒸気爆発の白い噴煙が二本上昇している」と動画を投稿。

これですね。


ほんとに黒い噴煙と白い噴煙が、両方立ち上っています。

珍しいのではないか。

この変わった現象が、何か予測できない噴火の前兆現象かもしれません。

以前の記事のライブ映像は終了しており、現在はこれがアグン山のライブ映像です。



ここで当局が語る今以上の規模の噴火を見れるかもしれません。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害

2017年11月27日

火の神が宿るアグン山



アグン山の昨日までの警戒レベルは、上から2番目に高い「3(スタンバイ)」だったのですが、さすがに大きな噴火が数回継続したためか、警戒レベルは最高度の「4」に引き上げられています。

Mount Agung: Bali airport closed as volcano alert raised to highest level ガーディアン

記事によると本日の午前6時に警戒レベルが引き上げられたようです。

最高警戒レベルの「4」とは、24時間以内に爆発的噴火を起こす可能性がある時、引き上げられるレベルであり、当局は6時間ごとに精査するようです。

航空用カラーコードも、「オレンジ」から最高度の「レッド」に引き上げられ、空港も明日の午前7時まで閉鎖されるようです。

航空用カラーコード Agung 20171125/2150Z

DPmTRKpUIAEjN3-.jpg

警戒レベルも航空用カラーコードも、すべて最高水準に引き上げられています。

ガーディアンの記事では、今よりさらに大規模な噴火が切迫している可能性があるとしています。

DPntKLqXUAIjd_-.jpgDPntKLsXkAAVUX9.jpg

避難者は「2万5000人」から現在「4万人」ほどに増え、更に「10万人」が追加で避難を呼びかけられています。

ガーディアンの記事では、9月の時の避難者は一時「18万5000人」を超えていたとあります。

噴火差し迫るバリ島アグン山、10万人に避難呼び掛け AFP

インドネシア・バリ島のアグン山について、大規模な噴火が差し迫っている可能性があるため、周辺住民10万人に避難が呼び掛けられている。

当局によると、既に約4万人が周辺地域から避難しているが、今回対象となる住民はその2倍以上に上るという。

立ち入り禁止区域は山頂から10キロ圏内にまで広げられた。

火山灰が絶え間なく立ち上り、噴火や小さな爆発音が伴うこともあるという。


前回のアグン山の噴火は、1963年2月18日から翌年の1964年1月27日までおよそ1年間噴火しています。

火山爆発指数は、VEI.5であり、1707年の富士山の宝永大噴火と同規模です。

死者は、動画にもありますが、「1148名」であり、負傷者は「296名」でした。


前回11月21日の噴火はこれです。



そして11月25日以降の噴火はこれですが、噴煙の色を見て下さい。

噴火が始まった当初は、噴煙の色は「」ですが、25日以降の噴煙は「」です。

タイムラプス動画です。


これは明らかに水蒸気爆発からマグマ型の爆発に変化していることをあらわしており、今後も更に巨大で危険な噴火が起こるかもしれない事実を予見させる現象です。

アグン山は、バリ島の最高峰であり、守護神と言われる火の神が宿っていると言われている火山です。

その火の神が、噴いている。

まだ死者は出ておりませんが、前回1963年の噴火で大量の死者を出したラハール(火山泥流)も、既に発生しています。


こうなりますと、川には絶対近づいてはならない。

アグン山の位置はここです。

agunzan.PNG

現在の噴煙の拡散範囲はこれです。


東隣りのロンボク島にも噴煙は拡散しており、ロンボク島の空港も閉鎖されています。

神の山・アグン山の活動が活発化しているということであり、先ほどのガーディアンの記事では、

噴火の光が夜、頻繁に観測されるということは、更に大規模な噴火が起こる可能性がある事実を示している。

とあります。

既にバリ島では、観光収入が1億1000万ドルほど損害が出ているようであり、長引けば損害は拡大していきます。

DPo4ymWUQAAg9kd.jpg

マスクをつけています。

qFfsCo5z.jpg

アグン山の火の神が、きまぐれで噴火したのか、あるいは何かの意味があって噴火したのか、以後の経緯を見てみませんと分かりませんが、火の神が噴いたわけですから、何か意味があると思っています。

ヒンズー教徒が、噴火しないように祈っておりましたが、願いは叶わなかったようです。

このアグン山は噴火の規模次第では、地球全体の気温に影響を与える火山です。

単に気温の問題だけでもないのでしょうが、あの世で日興か誰かが、あなたの畑を耕しなさい、と言っていたと思う。

自分の心の畑を耕しなさい。

クワを入れ、種を植え、水をやり、日光にさらし、雑草を抜き、豊かな畑を作りなさい。

あなたはあなたの心の畑しか耕すことはできないのです。

隣りの人の所有する畑を耕すことはできない。

隣りの人の畑に勝手に入り、勝手に耕したり、種を植え、その実った他人の畑の収穫物を享受することはできないのです。

あなたはあなたの心の畑を耕しなさい。

ただあなたの畑をあなたが耕し、豊かな実りを得た時、この方法で豊かな作物を得ましたから、あなたの畑でもこの方法を取り入れてはどうですか、という分にはいいでしょう。

しかしてその方法をその畑の所有者が取り入れるかどうかは、その他人の畑の問題なのです。

あなたはあなたの心の畑を耕しなさい。

そう言っていたと思います。

つまりハイ・スピリットというのはお百姓さんですな。

諸神霊クラスになりますと、その畑が個人の畑とはならず、地球全体となる。

地球は神の畑です。

今は荒地で、雑草茫々ですけどね。

神も百姓ですな。

大地震や噴火で大地にクワをざっくざっくと入れて耕し、その耕した大地に真理の種を植え、洪水で水をやり、太陽フレアで日光にさらし、悪の雑草を抜き、インスピレーションで養分を与え、善の種がうまく育つように害虫を監視し、地球を実り豊かな畑にしていく。

まさに神の事業は、百姓であり、農業ですな。

その神さまの畑が、雑草だらけで荒れちゃって。

地球全地を肥沃な土地にするのが、神の事業。

宗教的に言えば、乳と蜜の流れる地、カナンの創造です。

実はこれを地球的規模で実現しようとしていたのが、諸神霊でした。

なんか変なことになってますけどね。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害

2017年11月26日

火山灰 10cmでライフラインはすべて停止

アイスランドの最高峰・エーライヴァヨークトル火山の噴火が懸念されています。

アイスランド最大の火山なのですね。

噴火すれば、なんと290年ぶりだそうです。

アイスランド最高峰が290年ぶりに活発化 カルデラに亀裂 氷河溶け始める ハザードラボ

290年ぶりに火山活動の活発化が確認されたアイスランド最高峰のエーライヴァヨークトル山について、アイスランド大学の調査チームは21日、地球観測衛星のレーダー画像の解析から、カルデラの底に新たな亀裂を確認したと発表した。

エーライヴァヨークトル山では、1727〜1728年を最後に、約290年間噴火していない。

17日、火山上空から飛行機で観測したところ、氷河の下でカルデラの直径が1キロ、深さは15〜20メートルに拡大しているのを確認したと発表


旅行会社も警戒を強めています。

エーライヴァヨークトル山噴火の可能性  株式会社ヴァイキング

先週よりアイスランド南部ヴァトナ氷河国立公園に位置するエーライヴァヨークトル山におきまして氷河の下のカルデラ内の火口壁が拡大、地下のマグマによる地熱が上昇していると推測し、噴火の可能性があるとして、現地航空コードが引き上げられております。

バリ島の神の山・アグン山も火口壁が拡大した10月の末からひと月後の11月21日に小規模噴火を起こしています。

エーライヴァヨークトル山も、火口壁が拡大しているようですから近い内に噴火するかもしれません。

その神の山・アグン山も昨日の25日と本日、大きな噴火を起こしました。

DPjHu3QWkAA575t.jpgDPi8-1IW4AAJpIh.jpg

前回の噴火は噴煙が700メートルと小規模でしたが、昨日の2回の噴火は割と大きく、2000メートルと3000メートルの高さにまで灰が広がったようです。

Volcano continues strong eruption in Bali, planes barred from passing  CGTN

そして本日の噴火の噴煙は、4000メートル上空にまで噴煙が上がりました。

DPjspcQXkAEKdvl.jpgDPjM36BW0AA50Z7.jpg

これですね。


まだ警戒レベルの変更はないようですが、噴煙は高さ

700メートル → 2000メートル → 3000メートル → 4000メートル

と徐々に大きくなっており、大規模噴火を起こすかもしれません。

朝日新聞だけが、本日の噴火を噴煙の高さ「6000メートル」と報道しています。

海外では「4000メートル」と報道されています。

バリ島で再噴火、航空路線約70便キャンセル 朝日

インドネシア・バリ島北東部のアグン山が21日に約半世紀ぶりに噴火し、25日から26日朝にかけても数回、再噴火した。

国家防災庁によると、同島の国際空港では25日夕から26日にかけて、豪州路線など国際線と国内線で約70便がキャンセルされ、7千人以上に影響が出た。

同庁によると、26日朝の噴火による噴煙は上空6千メートル以上に達し、風の影響で東方向へ流れている。


航空便に影響が出ています。

当局は住民にマスクを提供するようです。

日本は立て替えを諦めたため、御嶽山噴火以後、火山噴火はぽしゃりましたが、世界的にはうるさくなっています。

というのは立て替えというのは、要はぶち壊しですが、地震で文明や国家、あるいは都市が崩壊することはないわけです。

あくまで初期段階でしょうが、都市や国家、あるいは文明も崩壊する時というのは大抵火山噴火です。

ポンペイや縄文文化、ネアンデルタール人もすべて噴火で滅んでいます。

地震はどんなに巨大でも国家や文明を滅ぼすことはないわけです。

もし崩壊させるとすれば、初期段階では噴火の可能性が最も高いと思っています。

中期、後期になってきますとポールシフトだの太陽フレアだの破局噴火だの起こってくるのかもしれませんが、食べる物も飲むものもなくなってくる。

これはどこでも預言されてきた通りです。

悟りが徹底的に試されるわけです。

これは「Creator's Report 1」の天変地異の奥義で述べた通りです。

諸神霊の自然界への物理的干渉というのは、まさに神の奥義であり、古来から雷を落とし、山脈を崩し、紅海を真っ二つに割る力を「神の力」と言ってきましたけれども、人間はそれを恐れるばかりで、それが何を意味しているのかを知らないのですね。

永遠の真理を永遠に維持する力です。

これが在るゆえに、真理は永遠に守られるわけです。

初期はあくまで地震と噴火だろうと思っています。

小噴火 → 中噴火 → 大噴火 → カルデラ噴火(破局噴火)と真理の広がりに比例して地震と共に徐々に大きくなっていきます。

飲むものも食べるものも着るものも住むところも一旦はなくなっていくわけです。

世界経済の崩壊などはかわいいものであり、これも初期段階ですね。

世界経済の崩壊でも食べるものや飲むものもなくなっていくかもしれませんが、戦争と天変地異と真理は三位一体ですから同時に起こってきます。

戦争や天変地異が起こらず、世界経済だけが単独で崩壊することはない。

神々が一旦崩壊させる理由は、国益と利益、自我と快楽を目的としているからです。

神の体、いわゆる物質を「天」に置く神への傲慢を人類が犯しているからです。

物質は「地」であって「天」ではない。

だから崩壊して頂くことになる。

そうでないとずっと富と国益を追うのでね。

今後の100年後、あるいは200年後の人類に、そのようなものを追わせるわけにはいかないのです。

生まれ赤子になりなりて、一度赤ん坊の頃からやり直してもらうということです。

子供の時には、みんな素直でかわいかったのにね。

大人になると両親でも分からないような難しいことをいうようになってね。

ほんとかわいくね。

取りあえず火山の噴火ですが、火山灰は10センチメートル積もれば、すべてのライフラインが停止すると言われています。


この数字は覚えておいた方がいいかもしれません。

火山灰が10p積もっている場所では、すべてのライフラインは停止している。

交通や電力、ガスや水道です。

富士山の噴火などは典型かもしれない。


神奈川まではすべてこの「10pのライフライン停止」の範囲に入っている。

真理の広がりに比例して、色々と起こってくるでしょうが、この数字は頭に入れておいた方がいい。

世界的な火山活動についても、この見地から見ていれば、その大変さがわかる。

では火山灰が30pを超えて積もればどうなるのか?

これは破局噴火であり、鬼界カルデラ噴火のようにその土地では1000年人が住めなくなる。

九州南部の縄文人と文化は絶滅し、実際1000年間、人が住めなくなりました。

そのかわり土地と水質が長い時間をかけて浄化される。

立て替えの最終段階ではそういったこともあるかもしれませんが、取りあえず「10pの全ライフライン停止」は覚えていた方がいいと思っています。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害