2017年04月12日

「最期」に向かいそうな政治と経済

東芝が監査法人の承認なしで決算発表を行いました。

東芝、やっと決算発表 監査法人は「意見不表明」 ハフィントンポスト

東芝は11日、2016年4〜12月期決算を約2カ月遅れで発表した。ただ、通常つくはずの監査法人の「適正意見」はなく、信頼性を欠く内容となった。

前にこの記事を書きましたが、予想通り監査法人の了解は得られなかったようです。

巨額損失、事前認識を調査=WHの15年4〜9月期−監査法人が指摘・東芝

東芝が今後中核に置く社会インフラ事業とは3つあり、一つはビル関係の事業であり、メンテナンスやエレベータ、あるいは空調等であり、二つ目は防衛関連の事業であり、レーダーやお札を数える機械も作っているようです。

三つめは鉄道等の事業です。

この社会インフラ事業が東芝の売り上げの50%を占めます。

監査法人が承認できなかった理由はここに記載されています。

四半期レビュー報告書の結論不表明に関するお知らせ PDF

分かりやすく言えば、WHの幹部が損失を過小に見せかけようとして不適切な圧力をかけたわけですが、この圧力自身は東芝も認めているのですが、この圧力によって財務諸表の数字には全く影響ないというのが東芝の立場であり、いや圧力があったならば当然、数字にも影響があったはずであり、過去にもあったはずだという立場が、PwCあらたの立場であり、この点で対立し、この対立が解消しなかった。

この対立を東芝は、「見解の相違」と言っている。

監査法人はハンコを押せなかった。

tousiba1.jpgtoushiba2.jpg
ソース : 中国新聞


4月11日の記者会見は、このフリーのジャーナリストの質問に尽きているでしょう。



監査法人の意見不表明で出されたオレ様決算はこれです。

2017年3月期 第3四半期決算短信(米国基準)連結 東芝

2016年10月〜12月の純利益は「5325億1200万円の赤字」であり、株主資本は「マイナス2256億8700万円」であり、自己資本比率は「マイナス4.4%」となり、去年12月末時点で「2256億8700万円の債務超過」だったわけです。

以前は「1912億円の債務超過」と言っていました。

借入金と社債残高は「1兆3890億円」とあります。

キャッシュフローで手元の現金を見てみますと「現金及び現金同等物期末残高 8045億200万円」とありますが、これはキャノンに売却した東芝メディカルシステムズの代金も入っていると思われます。

しかして倒産を匂わせるゴーイング・コンサーン(継続企業の前提に関する注記)が記載されています。

長短借入金は「1兆3889億9000万円」とあり、その内「2835億2300万円」が財務制限条項に抵触しているとあります。

この金額分は、銀行が求めれば、いつでも融資を回収できる額ですね。

しかしてこれが実行されますと社債やその他の借入金も強制的に東芝は、返済しなければならない可能性がある。

原発事業で今後も負わなければならない負債を考慮に入れると、

当社の今後の資金環境は厳しい状況となることが見込まれる

とあります。

資金繰りに問題が出てきそうです。

また東芝の特定建設業の許可の有効期限は今年の12月までであり、これが更新できなければ社会インフラ事業にとって重大な悪影響の可能性がある、と言っています。

従って、

当社には継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます

イギリスのニュージェネレーション株(ニュージェン)を東芝は60%保有していたのですが、フランスのENGIE社がもっていた40%分を東芝が153億円ですべて買い取り、今は100%保有しています。

仏ENGIE社からのニュージェネレーション社出資持分の取得について PDF

WH社の株も今は90%保有していますが、カザトムプロム社が10月1日以降プットオプションを行使すれば、東芝はWH社の株を100%保有することになる。

前月の会見でWH社への親会社保証は「8000億円」と言っていたのですが、「6500億円」に減少していました。

これに東芝が抱えるWH社の債券「1756億円」が損金処理されます。

計「8256億円」です。

第3四半期の決算が監査法人の承認を得られないのですから、今後も決算は出せないのではないか。

特設注意市場銘柄と監理銘柄の二つに東芝は指定されています。

上場廃止ではないか?

toushiba3.jpg


東芝株はエフィッシモにもてあそばれて仕手株化しています。

同じくもてあそばれてきたアメリカですが、トランプ大統領がこう言っています。



我々は朝鮮半島に非常に強力な艦隊と潜水艦を送っている。

北朝鮮も負けていません。

我々は「アメリカが望むあらゆる形態の戦争」への準備が整っている。



北朝鮮は核攻撃をするとまで警告しています。

核戦争です。

We'll nuke you! North Korea state media warns of a nuclear strike if provoked as U.S. warships approach デイリーメール

北朝鮮の国営メディアは、アメリカが朝鮮半島に艦隊を近づけ、挑発するならば核攻撃をすると言っています。

いきなり核ですか。

我が国が、アメリカの侵略のターゲットになれば、核攻撃を行う可能性があると警告しています。

トランプ大統領は、中国による隣国・北朝鮮への影響力行使を要請しましたが、もし中国が何も行動しない選択をするならば、アメリカがその問題を解決するだろう、と述べています。

中国は何もしていないのではなく、これをしています。

中国、北朝鮮からの石炭貨物の返還を商社に命令=関係筋 ロイター

石炭を北朝鮮から購入せず、送り返しています。

「屁」のような経済制裁ですが、することはしています。

仕方ありません。

習近平国家主席は、元々平和的な解決法を模索しているからです。

トランプ大統領にもそう言っています。



万が一、北朝鮮が崩壊しますと難民の問題や韓国が主導する南北統一では、北朝鮮にアメリカの基地が配備されてしまいますので中国の安全保障問題にとっても大問題となる。

中国としては崩壊してもらっては色々と困るでしょう

しかし恐らくトランプ大統領は、やるでしょう。

ちなみに北朝鮮からのミサイルは10分以内に日本に着弾します。

一旦撃たれますと、10分以内に逃げなければならない。

大変なことになりそうです。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2017年04月10日

北朝鮮の脅威 2

エジプトで9日、連続でテロが起こっています。

狙われたのはキリスト教の一派「コプト教」です。

テロの瞬間に映像が途切れています。

44秒です。



その後はこれです。

38秒です。



少なくとも「27人が死亡」、「78人が負傷」しています。

同日、アレキサンドリアの教会前でも自爆テロが起きています。

2件とも自爆テロであり、イスラム国が犯行声明を出しています。

金属探知機の前に入る直前に自爆しています。



この自爆テロで「17人が死亡」、「58人が負傷」しています。

このテロによってエジプトのシシ大統領は、3か月間の非常事態宣言を出しています。

きな臭いニュースです。

きな臭いと言えば北朝鮮ですが、取りあえずお笑いを一席。

北朝鮮がアメリカの首都ワシントンに核兵器を打ち込んでいるプロパガンダ映像です。

いい音楽です。



スクリーンショット (1171).png

ワシントンが粉々です。

次にソウルです。

火の海となっています。



何ともはや凄い願望で。

今月は北朝鮮の重要日程が続きます。

恐らく核実験か弾道ミサイルの実験を行う可能性が高いと言われています。

北朝鮮 今月末にかけ記念日相次ぐ 関係国警戒強める NHK

スクリーンショット (1107).pngスクリーンショット (1108).pngスクリーンショット (1109).pngスクリーンショット (1110).png

4月11日 金正恩就任5年目

4月15日 金日成誕生日(太陽節)

4月25日 朝鮮人民軍創設


実際はアメリカへの挑発からアメリカの記念日とリンクさせる時もありますので、この記念日か、あるいは記念日の前後が最も可能性が高いと言われています。

取りあえずは明日の11日が金正恩氏の就任5年目であり、警戒日と言えます。

スクリーンショット (1111).pngスクリーンショット (1112).png


北朝鮮が保有する核弾頭は誰も知らず、各国の専門機関が推測するしかないわけですが、アメリカ議会の予測では「10個〜16個」、中国は「20個」と予測しています。

最大公約数的に言えば、大体「20個前後」と言われています。

これが3年後の2020年になりますと「100個」の核弾頭を保有していると推定されています。

北朝鮮が保有する核弾頭数は? 最多予想は5年後に100個 WSJ

北朝鮮は既に去年9月の5回目の核実験でミサイルに搭載できる核兵器の小型化に成功しており、その核弾頭が搭載されたミサイルは日本に標的を定めていると言われています。

「核弾頭小型化は事実」 米、北朝鮮の主張認める 東京新聞

米国防総省のデービス報道部長は九日、北朝鮮が核弾頭の小型化成功を主張していることについて「北朝鮮の訴えは事実だとみなす必要がある」と指摘した。

米政府はこれまで、北朝鮮が核弾頭の小型化には成功していないとの見解を示していた。
 
デービス氏は「われわれは実際に北朝鮮の小型化運用を確認したわけではない」としつつ「小型化は特に難しい技術ではない」と述べた。


日本は既に全土を射程に収められているわけであり、そのミサイルに核弾頭が搭載されているとなれば、安全保障上大問題となります。

トランプ大統領の北朝鮮への圧力によって危機感が出てきたわけですが、恐らくトランプ大統領は圧力だけでは済みません。

素人目に見て最も心配になるのは首都東京でもなく、在日米軍でもなく、青森県六ケ所村の再処理工場です。

ここを狙われ、ミサイルの1発でも着弾すれば、どうなるのでしょう?

北半球が死滅すると言われていました。


わずか「1%」漏れるだけで東日本は壊滅です。

ミサイル攻撃で「100%」放出すれば、北半球は人の住めない土地になると以前言われていたのです。

ソースは原子力資料情報室だそうですが、濃い黄色が「1シーベルト圏内」であり、急性障害と一部死亡とあります。

薄い黄色の範囲が「250ミリシーベルト」であり、急性障害とある。

首都圏のすべてが圏内です。

わずか「1%」漏れるだけでこれです。

アメリカ西海岸もすべて避難となるのではないか。

だとすれば日米を壊滅させることを考えているならば、ICBMを直接アメリカに撃ち込まなくても、この六ケ所再処理施設を狙えばいいということになる。

北朝鮮の在日工作員のテロでも可能かもしれない。

そして青森も含めて日本全土がノドンの射程範囲にある。

そして日本のBMD迎撃システムでは北朝鮮のミサイルをすべて撃ち落とすことは不可能と言われています。

日本は北朝鮮の最新ミサイルを迎撃できない 東洋経済

迎撃態勢への懸念は数的な面でも指摘されている。

9月5日のノドンとみられる弾道ミサイルは、同時に発射された3発が日本海上のほぼ同地点に落下した。

日本側の対処能力を超える大量の弾道ミサイルを発射する「飽和攻撃」を思わせる撃ち方だった。

「3発なら撃ち落とせるが、それ以上連発されると不可能」と、別の自民党関係者は指摘する。


日本の上の人は、きちんと防衛策をとっているのですかね。

去年の5回目の核実験の時、核弾頭の小型化に成功しただけではなく、量産化にも成功しています。

北朝鮮核実験で見えてきた核弾頭量産化の悪夢 NEWSWEEK

北朝鮮当局の声明によれば、「戦略弾道ロケットに装着できるように標準化された核弾頭」の実験を実施したという。

要するに、ミサイルに搭載できる核兵器の実験に成功したと言っているようだ。

「標準化」に成功したというのは、核弾頭の小型化と軽量化だけでなく、量産が可能になったという意味らしい。

北朝鮮の声明でも、「核弾頭を自在に、必要なだけ生産できる」ようになったと述べている。


以前の北朝鮮のミサイルは、精度が悪く、一旦発射すれば、どこに落ちるか分からないと揶揄されていましたが、現在ではそうでもないようです。

以前のノドン(射程1300q・日本全土)の精度は誤差半径「2q」と言われていましたが、今は誤差半径「190メートル」になり、命中精度が向上しています。

北朝鮮の核弾頭小型化 “ブースト型原爆”と“ノドン”の脅威 デイリー新潮

小型化した核爆弾をミサイルの弾頭に搭載できても、実戦運用する技術が確立していない可能性がある。

ですが、それが完成するのに2年はかからない。

遅くとも来年には手にすると考えるべきです


記事はEMP攻撃(高高度電磁パルス攻撃)にまで言及していますが、自動車からスマホに携帯電話、パソコンにライフルのスコープ、とにかく電子機器を使用しているものすべてを破壊できる攻撃です。

核兵器を保有しているならば当然そういった攻撃の方法もあります。

現在、北朝鮮が保有するミサイルのうち、日本攻撃に使われる可能性が高いのは、スカッド、ノドン、ムスダンの3種類。

このうちスカッドは日本全域に届くわけでもないし、ムスダンは本来は射程が長く、グアムの米軍基地を目標にしたものと言われている。

とすれば、実際、使用されるのは、射程距離1300キロのノドンである。

「以前、ノドンの精度は誤差半径2キロ圏内とされていた。

簡単に言えば、国会議事堂を狙って撃てば、山手線の内側に落ちるかどうかだった。

ところが、現在は190メートル圏内にまで向上したと言われています。

これくらいまで精度が上がると、実戦でも十分に使えます。

たとえ、弾頭が核でなかったとしても、日本にとっては大きな脅威となります」


サリンやVXガス、あるいはマスタードを保有しておりますので、これを弾頭に搭載されるだけでも脅威です。

では国民はこの朝鮮半島有事に対してどう対処すれば良いのでしょう。

御親切にも政府がご指導くださっています。

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

JアラートはEMP攻撃に対応しているのでしょうかね。

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達に関するQ&A 内閣官房 国民保護ポータルサイト

これを読みますと大体3点です。

テレビ報道やラジオ等の情報に留意し、ミサイル発射後は速やかに、なるべく頑丈な屋内に退避し、不審物があれば、決して近寄らず、最寄りの警察や消防署に連絡すること。

この3点です。

これだけでミサイルから逃れられるとは、とても思えないわけですが、政府はそうしろと言っています。

日月神示には、

「北から来るぞ。神は気もない時から知らしておくから」

「北から攻めて来るときが、この世の終り始めなり」


この予言でいう「」とはロシアではなく、北朝鮮のことかもしれませんね。

北から侵入し、日本人を大量に虐殺しながら、南下していき、人口が激減していくというあの予言ですね。

果たしてどうでしょうか。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2017年04月08日

第三次世界大戦 ?

トランプ大統領は、北朝鮮をこう見ています。

画像はクリックで鮮明・拡大。

スクリーンショット (1102).png


ソースはこの動画であり、簡単によくまとめられています。



今回、トランプ大統領がトマホークを打ち込んだ場所は、首都ダマスカスから120q離れているシリア第二の基地である「シャイラート空軍基地」です。

スクリーンショット (1074).png


地中海に展開している2隻の駆逐艦からトマホークを「59発」撃ちこんでいます。

スクリーンショット (1075).pngスクリーンショット (1076).png


巡航ミサイル「トマホーク」は59発中「23発」が基地に命中しています。

割と精度が低いです。

ミグ23が6機、レーダー装置と倉庫を破壊しています。

この空爆で「6人が死亡」、負傷者は多数。

スクリーンショット (1077).pngスクリーンショット (1078).pngスクリーンショット (1079).png


シリア軍の声明です。

露骨な侵略だと非難しています。

基地の周辺を含めますと子供「4人」を含む民間人「9人が死亡」と発表されています。

計「15人が死亡」となります。

スクリーンショット (1080).pngスクリーンショット (1081).pngスクリーンショット (1082).png


攻撃命令の日付けは「4月6日」です。

トランプ大統領の当選前のシリアに対する見解はこれです。

スクリーンショット (1084).pngスクリーンショット (1085).pngスクリーンショット (1086).pngスクリーンショット (1087).png


この考えが、見事に逆転しています。

スクリーンショット (1088).pngスクリーンショット (1089).png


今回の空爆に対するロシアの反応はこれです。

スクリーンショット (1090).pngスクリーンショット (1091).pngスクリーンショット (1092).pngスクリーンショット (1093).pngスクリーンショット (1094).png


各国首脳の反応は全般的に言ってトランプ大統領に好意的です。

イギリス : 攻撃を全面的に支持

フランスとドイツ : すべての責任はアサド政権にある。

トルコ : アサド政権は、完全に罰せられるべき。

サウジアラビア : 勇気ある決断を評価。

イラン : 国際法違反であり、テロリストを利する。


スクリーンショット (1106).pngスクリーンショット (1104).pngスクリーンショット (1105).png


この動画で笑ったのは、専門家が出てきてシリア攻撃に対するコメントを出すわけですが、ここで、

トランプは口先だけのはったりであり、張り子の虎に過ぎない

と述べている、まさにそのインタビュー中にシリア攻撃の一報が入り、

張り子の虎かもしれない」とアドリブで訂正している点です。

笑いながら、何事もなかったように「怒らせると怖い」とコメントしています。

スクリーンショット (1095).pngスクリーンショット (1096).pngスクリーンショット (1097).pngスクリーンショット (1098).pngスクリーンショット (1099).pngスクリーンショット (1100).pngスクリーンショット (1101).png


専門家と言っても人間ですからね。

まさに「ばつが悪い」という模範でした。

ただ選挙前からシリアを通した第三次世界大戦に言及していたのは驚きです。

中国とアメリカの温度差も出ましたし、ロシアとの関係も冷え込むでしょう。

ロシアがアメリカの北朝鮮政策に関与してくれば、どうなるのでしょう。

そうそう北朝鮮を転覆させることはできなくなる。

北朝鮮単独ならば、短期間で勝負がつくでしょうが、前回の朝鮮戦争の例もあり、中国が加担することによって膠着状態が続き、今の北朝鮮と韓国との関係になっています。

前回はアメリカと韓国を押し返したのですね。

ロシアが加担しても同じでしょう。

戦火が拡大されるだけであり、実はディープ・ステートはそれを狙っているのかもしれません。

ロシアやシリアに対するトランプ大統領の考えが、こうも180度変わるのもおかしいなと感じていました。

結局はヒラリーと同じ考えになっています。

恐らくシリアを敵視している者達が、どこかに潜んでいるのでしょうね。

ならば第三次世界大戦を狙っているのかもしれません。

あまり本気にはしていませんけどね。

来週訪露するティラーソン国務長官との会談は見ものです。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際