2017年04月07日

吹くか「安風」

トランプ大統領は、シリアの化学兵器の使用に対して明確なメッセージを発しました。

巡航ミサイル・トマホークを59発撃ち込んでいます。





こちらはトランプ大統領が嫌いなCNNです。



仕事が早いですね。

しかも習近平国家主席との夕食会後に撃ち込んでいます。

背筋が凍ったでしょうね。

北朝鮮に対しても躊躇しないというメッセージとなっています。



もし中国が北朝鮮問題を解決しなければ、我々がやる : トランプ大統領


今回のシリアのサリン使用に対しても即座に反応しました。

北朝鮮に対しても同じ対応をとる可能性が極めて高い。

今月中の可能性もありますが、恐らく夏以降でしょうね。

遅くとも2、3年以内には武力行使を実行すると思われます。

北朝鮮に対するサージカルアタック(外科手術的先制攻撃)ですね。

ただ現時点ではトランプ政権の足腰が固まっておりませんので、戦後処理をする専門の官僚がおりませんから4月中というのはないのではないか。

上下両院で北朝鮮を、正式にテロ支援国家に指定して行使していくと思われます。

北朝鮮のミサイルはイランにも流れておりますので何が起こるか分からない。

日本も覚悟がいるでしょう。

北朝鮮は岩国・沖縄等在日米軍に標的を定めており、日本にいる北朝鮮工作員にも既にメッセージを出していると言われています。

取りあえずは4月15日の金日成の誕生日に核実験を行うかどうかが注目点でしょう。

核開発は断固進めるでしょうから、いずれ実行するはずです。

要は朝鮮半島有事は避けられないのではないか。

ただここに至って韓国大統領選で当選確実と見られていた文在寅(ムン・ジェイン)候補に猛追し、世論調査によっては文候補よりも優位になりつつある安哲秀(アン・チョルス)候補が台頭してきています。

安哲秀氏、文氏を猛追 中道・保守の支持流れる 日経

保守系大手紙の中央日報が4〜5日実施した世論調査では、文氏の支持率は38.4%と、依然首位を走る。

ただ、前回調査(3月18〜19日)と比べると3.7ポイントの上昇にとどまった。

一方、安氏は34.9%と、前回調査の13%から急伸した。

文氏、安氏2人の直接対決になる場合、どちらを支持するかの設問では、安氏が50.7%、文氏が42.7%と支持率が逆転。

韓国ニュース専門テレビYTNの調査でも同様の結果が出た。

北朝鮮への融和路線を取る文氏を警戒する保守層など「非文在寅」票が流れ込む構図が鮮明だ。


2強対決となった場合、文候補よりも安候補に投票する人が多いようです。

これで分からなくなりました。

ちなみに安候補の政策はこれです。

安哲秀(アン・チョルス)候補の政策

GSOMIA自体は期間は1年だ。

昨年11月からなので、今年11月になれば満了だ。

この時に国益最優先の観点から再度検討するべきだ。


GSOMIA(ジーソミア)は賛成なのかと問われて、

外交上の約束というものがある。

前政府で締結されたものについては、次の政府でも尊重するべきだ。

今年11月の有効期間までは尊重する。


と言っています。

北朝鮮との関係については、対話と制裁の双方が平行されるべきと述べています。

THAAD(サード)問題に対しては反対はしておらず、アメリカと協調せざるを得ないと言っています。

二つの面で中国政府を説得する必要がある。

まずは北朝鮮の核問題は韓国の安全保障における最大の脅威だということ。

このため、安全保障に関しては米国と協調せざるを得ないという点を説得しなければならない。

次に、朝鮮半島の不安定化は中国の国益にもかなわないということを説得するべきだ。

妥協できる点は、中国に対し北朝鮮の核問題を解くきっかけができるならば、韓国から米国にTHAAD撤回を要請すると働きかけるという点。

これが問題解決の方法だ。

すべては北の核問題から起きている。


文候補と違ってTHAAD(サード)配備は撤回しない模様です。

ここに至って文在寅(ムン・ジェイン)候補が韓国大統領になるのか、安哲秀(アン・チョルス)候補がなるのか分からなくなってきました。

後ひと月ですが、今回トランプ大統領が北朝鮮に対して強硬策をとることは、ほぼ間違いありませんので、日本にとっても次期韓国大統領は重要な存在となります。

果たしてどちらが選ばれるのでしょうか。

5月9日の韓国大統領選挙は、要注目です。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2017年04月05日

朝鮮半島有事

シリアのアサド政権がサリンガスを使用し、反政府勢力を爆撃した模様です。







情報が錯綜しており、100人死亡、400人が負傷という記事もあれば、上記の動画のように少なくとも58人死亡、うち子供が11人含まれているという情報もあります。

この前、ロシアの聖ピーターズバーグでボンバー(爆弾魔)の地下鉄爆破で11人が死亡したテロがあったばかりです。

サンクトペテルブルク地下鉄爆発、テロ容疑で捜査 死者11人に ハフィントンポスト

サリンの使用は、オウム真理教以来2例目です。

窒息して死んでいる人が多いようです。

化学兵器の使用は今後、大きな問題となるはずです。

【閲覧注意・シリア空爆】サリンで殺された子どもたちの“本当に悲惨すぎる”姿! 目を見開き、泡を吹いた死体の山 トカナ

中々早いですね、トカナは。

しかし子供相手にサリンを使用するとは、言葉を失います。

トランプ大統領は、北朝鮮のみを見ているわけにはいかなくなったようです。

今、アメリカでは、割と朝鮮問題が扱われていますが、トランプ大統領は米韓合同軍事演習(3月1日〜4月末の2ヵ月間)の最終日である今月末までに金正恩斬首計画を実行できなければ、時期を逸する可能性があります。

単独で実行するとは言っておりますが、5月9日には恐らく文在寅(ムン・ジェイン)氏が韓国大統領になっている可能性が高く、文氏は高高度防衛ミサイル(THAAD・サード)配備延期と見直しを主張し、対話による対北朝鮮融和政策と朝鮮半島の平和を優先している人物です。

在韓米軍の撤退も躊躇しないでしょうし、韓国に軍の指揮権を移行する案件も朴槿恵元政権下で延長されておりますが、文政権となりますといずれ韓国に指揮権は戻り、米軍は必要なくなります。

北朝鮮と韓国の連邦制による半島統一を信念としており、トランプ大統領の金正恩斬首作戦を肯定しているわけありません。

韓国大統領選:米誌「文在寅・李在明が当選すればトランプと衝突」(朝鮮日報)

韓国の次期大統領選挙で最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)元代表や京畿道城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長が当選したら、在韓米軍の経費問題でトランプ米次期大統領と衝突し、在韓米軍が撤退する可能性があるという寄稿文が、米国の外交専門誌「フォーリン・ポリシー」に掲載された。

野党の先頭走者が文在寅氏と李在明氏だ。

この2人は親米傾向があまりなく、北朝鮮とは対決ではなく和解を模索しようとする傾向がある


文政権になりますとアメリカは、斬首作戦を実行しにくくなる。

従って合同軍事演習中の今月末までにことを起こす可能性があります。

イギリスのメイ首相は、トランプ大統領の北朝鮮に対する警告を手厳しく批判しています。

Theresa May slaps down Donald Trump over North Korea warning MIRROR

メイ首相は、国連や国連安全保障理事会を通して行動すべきであり、まだ中国にはできることがあり、重要な役割を果たすことができる。

最善の措置は国連を通して作業を継続することだ、と言っています。

イラク戦争の時のように簡単にはアメリカに追従しない模様です。

トランプ政権は中国なしで単独で解決すると断言しており、今回の米韓軍事演習にはあのオサマ・ビン・ラディン暗殺を担当した「要人暗殺部隊」米海軍特殊精鋭部隊ネービーシールズも参加しています。

米韓演習に米特殊部隊参加 暗殺など任務、北朝鮮へ圧力 朝日

今月中に「死の白鳥」が舞うかもしれません。

中国は北朝鮮の3回目の核実験以降、北朝鮮をアメリカに次ぐ「第二の仮想敵国」とみなしており、斬首作戦を「黙認」すると予測されています。

中国が激怒した3回目の核実験や北朝鮮ナンバー2の張成沢派の大量処刑に今回の金正男暗殺を理由に「黙認」するだろうと言われています。

金正恩氏は、居眠りして自分の演説を聞いていなかったとか姿勢が悪いと言ったある意味、どうでもいいような理由をもって高射砲で処刑するような異常な人物です。

義理の兄である金正男暗殺も、金正恩氏が失脚した場合の代わりとなる人物が金正男氏であり、中国の先手を打って中国国外に出た時を狙って暗殺しています。

中国の面子を潰したわけです。

恐らく「黙認」する可能性が高い。

【ドキュメント永田町】トランプ政権の北空爆、中国「黙認」 正恩氏に突き付けた「3つの宣言」 日本に大量難民も ZAKZAK

この記事によりますと中国は北朝鮮に3つの宣言を突きつけたようです。

(1)絶対に核実験を行ってはならない。

(2)核開発の放棄を目標とする6者協議に復帰すること。

(3)核実験を強行した場合、中国は、米軍を主体とする「金正恩斬首作戦」の実行を黙認する。

北朝鮮が核実験を強行すれば、正面衝突を回避するための、あらゆる外交努力は水泡に帰すだろう。

前回の核実験は、北朝鮮の建国記念日である9月9日に行われた。

今月、北朝鮮が迎える最大の記念日は「建国の父」とされる金日成主席の誕生日、4月15日だ。


今月、6回目の核実験を実施するとしたら、その可能性としては4月15日が有力視されています。

北朝鮮の今までの核実験はこれです。


核実験とは別に去年の2月7日、長距離弾道ミサイルの実験を成功させています。

この成功によって北朝鮮は事実上、アメリカ本土のどこにでも核ミサイルを撃ち込むことができるようになった。

ソースにもあります。

北のミサイルによる人工衛星は宇宙軌道進入に成功したと推測される、と韓国国防部は公式発表した。

米本土に到達できる射程距離1万―1万3000キロのICBM(大陸間弾道ミサイル)の開発が、ほぼ成功段階に至ったことを意味する。


北朝鮮とアメリカ西海岸の距離はこれです。

nisikaigan.jpg

9338キロ」です。

これは東海岸ニューヨークまでの距離です。

higasikaigan.jpg

北朝鮮からニューヨークまで「1万0756キロ」であり、射程が「1万3000キロ」となりますと事実上、アメリカ本土のどこにでも核兵器を打ち込むことができる射程です。

ただ大気圏再突入の技術とミサイルの安定性が課題のようですが、これはもはや時間の問題となっています。

トランプ政権が危機感をもっている理由のひとつです。

ちなみに過去最大規模と言われた5回目の核実験の記事はこれです。

去年2016年9月9日です。

北朝鮮が5回目の核実験、過去最大規模か 各国が強く非難 ロイター

北朝鮮は9日、通算5回目となる核実験を実施した。

今回の核実験の規模は広島の原爆よりも大きく、過去最大規模とみられる。


去年2月の長距離弾道ミサイルから推定されている射程範囲はこれです。


ロサンゼルス、グアム、ハワイ、アラスカ、ニューヨークとアメリカ本土のすべてを射程に収めています。

北朝鮮は去年2回の核実験をしておりますが、今年は今月の可能性が高く、6回目の核実験は前回最大規模と言われた威力をもつ核兵器の「14倍〜20倍」の規模と予想されています。

北朝鮮 6回目の核実験は多重核爆発方式か=専門家が分析 聯合ニュース

韓米情報当局は、北朝鮮が北東部の咸鏡北道・豊渓里の核実験場で6回目の核実験の準備を進めてきたことを把握している。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の命令が下されれば数時間以内に核実験が可能だというのが当局の見解だ。

専門家は、今回北朝鮮が核爆弾数発を同時に爆発させる多重核爆発、またはウランを利用して威力を増加させる増幅核分裂弾、プルトニウムとウランを混合した核爆弾の実験を行うと観測している。

6回目の核実験の爆発の威力も注目される。

北朝鮮研究で知られる米ジョンズ・ホプキンズ大韓米研究所は11日、北朝鮮の坑道の掘削作業の規模からみて、核実験の威力は5回目の実験の10キロトン(1キロトン=TNT火薬1000トンの爆発力)の14倍に及ぶと推定した。

韓国科学技術政策研究院の李春根(イ・チュングン)研究委員も「北はすでに自ら核兵器の小型化を実現したと主張しているだけに、今回は威力増幅型核爆弾を実験する可能性がある」とし、「爆発威力は150から200キロトンの間になるとみている」と話した。

北朝鮮の核実験爆発威力は、1回目(プルトニウム)が1キロトン以下、2回目(プルトニウム)が3〜4キロトン、3回目(高濃縮ウランと推定)が6〜7キロトン、4回目(北朝鮮は水爆と発表、増幅核分裂弾)が6キロトン、5回目(増幅核分裂弾)が10キロトンだった。


トランプ政権の危機感も理解できる気がします。

これに対して朝鮮半島有事に関する米軍のオペレーションは主に4つあります。

(作戦計画)5027:北朝鮮が韓国に侵攻した状況に対応する対応

(作戦計画)5029:クーデターや革命などが起こったさいの対応

(作戦計画)5030:必要物資を枯渇させて政変を起こさせる対応

(作戦計画)5015:北朝鮮の核・ミサイル基地への先制限定攻撃
ソース

一応計画と準備は万全のようであり、今までは主に「作戦計画5015」が議論されてきたようですが、新しい作戦では「作戦計画5015」ではなく、特殊部隊の単独作戦となるようです。

既に今回の米韓合同軍事演習に「死の白鳥」B1B戦略爆撃機が参加しています。

明らかに北への圧力です。

しかして今月中かどうかはあくまで可能性の問題であり、北朝鮮に対する「テロ支援国家」を下院で指定したばかりですから、上院でも審議された後でなければ作戦の決行はないのではないか。

限定的で警告的な空爆はするかもしれません。

北朝鮮のテロ支援国家再指定へ法案可決 米下院、核・ミサイル開発で 産経

米下院は3日の本会議で、北朝鮮の核・ミサイル開発や金正男氏殺害を受け、国務省にテロ支援国家への再指定を求める超党派の法案を可決した。

上院で審議される見通し。

本会議では北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を非難する決議も可決した。


90日以内だそうですが、夏以降の可能性が最も高そうです。

しかしてその頃には文政権が発足しているはずであり、アメリカ軍は韓国の協力は得られないかもしれない。

深読みするならば去年の9月の核実験以降、北朝鮮への脅威が高まったのと並行して朴槿恵元大統領の問題が噴出しています。

あの世的には朴槿恵氏では対応できないと判断したのではないか。

あれからあれよ、あれよという間に韓国大統領選挙となりました。

朝鮮半島を守らんとしている「天」があるのかもしれません。

どこの国も原則あるのですけどね。

ならば戦争を避けようとする霊的勢力があることになります。

今年はメキシコ国境の壁の建設は費用の問題で頓挫したというか、次年度に先送りされました。

トランプ大統領が単独で実行すると言っても、その後も新たな世襲制の独裁者を立てるだけで意味はないようにも思えます。

独裁制の崩壊も南北統一もないでしょう。

単に核兵器とミサイル技術を持たせたくないだけのように見えます。

大層な大義はなさそうですからあの世から色々と妨害が入るかもしれません。

人が死にますからね。

第二次朝鮮戦争も避けられるかもしれません。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2017年04月03日

第二次朝鮮戦争 ?

日本は、どうも対岸の火事では済まなくなりそうです。

4月1日に「北朝鮮の脅威」という記事を書いたのですが、話半分という感じで書いたのですが、トランプ大統領はどうも本気らしいです。

3月にティラーソン国務長官が、北朝鮮への軍事行動を匂わせておりましたが、「マッド・ドッグ(狂犬)」ジェームズ・マティス国防長官も、アメリカにとって最大の脅威とは、イランでもなく、ISISでもない、それは北朝鮮だと言明しています。

Mattis suggests North Korea, not Iran or ISIS, is the biggest threat to U.S. YAHOO

マティス国防長官は、北朝鮮がアメリカにとって最大の脅威だと示唆した。

マティス国防長官は中東で米中央軍司令部を指揮していた時、アメリカに対する3つの重大な脅威とは、「イラン・イラン・イラン」だと繰り返し述べていた。

しかしロンドンの記者会見では、弾道ミサイルと核兵器開発プログラムをもつ北朝鮮がトップの脅威となっている。

マティス氏はイランからピョンヤンの秘密のスターリン主義に素早く軸足を移した。

しかし今、北朝鮮は非常に無謀な動きをしているようだ

それは止めなければならない」とマティス氏は言った。

ティラーソン氏も同様の警告を発したが、近い内にマイク・ペンス副大統領もこの地域に向かう予定だ。

北朝鮮問題は、トランプの最も困難な安全保障上の課題の一つだ。

ピョンヤンは核兵器と弾道ミサイルにおいて十分とも言える進歩を見せた。

2年〜3年後にはアメリカ本土、恐らくは東海岸をも攻撃できる可能性がある、と専門家は予測している。

経済制裁は、1月には「いつでも」大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射できると表明した北朝鮮を阻止できなかった。

トランプには増大する脅威を低下させるための手段がほとんどない。

ピョンヤンの1月のミサイルでの恫喝後、トランプは以下のようにツイートした。

北朝鮮は、アメリカ本土の一部に到達可能な核兵器開発の最終段階に入っているに過ぎない。

そしてそれは起こりえない!

と報じられています。

ABCニュースも、アシュトン・カーター元国防長官の談話として、アメリカが北朝鮮に対して先制攻撃を仕掛ければ、韓国への侵略を招くことになると警告しています。

Ash Carter: A US pre-emptive strike on North Korea could lead to 'invasion' of South Korea ABC NEWS

私は北朝鮮が敗北するその戦争の結果は確信している。

しかしこれは戦争です。

最後の朝鮮戦争以来、見たこともないほどの強大な暴力が付随することになる。

結果は確実だが、それは非常に破壊的な戦争となる。

もう戦争をやる気満々に見えます。

韓国の首都ソウルとその周辺は2500万人の住民を抱えており、北朝鮮との国境にある。

これはさすがにやばい話になってきています。

ここまでが4月に入って昨日までの記事ですが、本日海外の報道では、いきなり北朝鮮との戦争関係の記事が大量に配信されています。

まずガーディアンです。

Trump says US will act alone on North Korea if China fails to help ガーディアン

もし中国が支援しなければ、アメリカは単独で北朝鮮に対して行動を取るだろう、という記事です。

もし中国が北朝鮮問題を解決する気がないならば、我々がする、と言っています。

中国は北朝鮮に対して非常に大きな影響力をもっている。

中国は我々に協力するか、否かを決めることになる。

もしアメリカに協力するならば、それは中国にとっても非常に良いことになるでしょう。

しかし協力しないと言うならば、誰にとっても良いことにはならないと言っていますが、ガーディアンの記事は概して第二次朝鮮戦争には反対の姿勢のようです。

トランプ大統領の一方的な行動に対して警告したり、懐疑的な人物ばかりの意見を載せています。

最後にトランプ寄りの意見を載せているぐらいです。

テレグラフです。

Donald Trump says US prepared to go it alone on North Korea nuclear threat

トランプ曰く、アメリカは北朝鮮の核の脅威に対して単独で行動する準備をした、という記事です。

アメリカは、北朝鮮の核の脅威を排除するために一方的な行動を取るだろう。

もし中国が北朝鮮問題を解決しないならば、我々がするだろう。

それが私が話していることのすべてです。

ニッキー・ヘイリー国連大使は、アメリカの一部の保安当局者は、金正恩政権は4年以内にアメリカ本土を攻撃可能な核兵器を保有している可能性があると信じている。

先月、マー・ア・ラゴでトランプ氏が安倍総理を迎えた、まさにその時、北朝鮮は朝鮮半島の東海岸の海にミサイルを発射した。

先週マケイン上院議員は、狂ったデブガキ(crazy fat kid)の金正恩をコントロールできるのは中国だけだと述べた。

彼らは一週間で北朝鮮経済を停止させることができた、と報じられています。

これはCNBCですが、内容は似たり寄ったりです。

FT exclusive: Trump ready to tackle North Korea alone CNBC

やはりトランプ大統領は、中国の態度如何に拘わらず、一方的な行動を取ると警告しています。

既にその準備をしている、と。

日本語の記事はこれですが、海外の記事の要約であり、割と正確に報道されています。

トランプ氏、北朝鮮強硬発言で矢面となる在日米軍 BBC「北の標的は岩国基地」 JCASTニュース

本気で第二次朝鮮戦争をおっぱじめそうです。

日本の標的は山口県の岩国基地だそうです。

ここですね。


割とうちの近く(福山市)で困った。

更新が止まったら北朝鮮の核ミサイルで死んだと思って下さい。

北朝鮮側は、もし侵略したら日本は破滅すると警告しています。

朝鮮中央通信が日本を威嚇 北朝鮮侵攻なら日本は破滅 スプートニク

日本は米国の支持を受けた朝鮮民主主義人民共和国侵攻の野心的計画を「退けなかった」

北朝鮮の朝鮮中央通信は、北朝鮮侵攻は日米にとっては敗北に終わると指摘する記事を掲載。

また日本領内の米軍基地については朝鮮中央通信は、自国の弾道ミサイルの標的としてすえられており、

「わずか1弾でも自国領内に打ち込まれた場合、日本を待つのは破滅的な最後だ」と威嚇している。

6日北朝鮮が4発の弾道ミサイルを発射し、3発が排他的経済水域に落下した。


北朝鮮領土内に一発の弾丸でも撃ち込まれたら日本は破滅的な最後を遂げると警告しています。

もしトランプ政権が行動を起こせば、最も甚大な被害を被るのは、恐らく韓国と日本でしょう。

北朝鮮も体制が終焉するでしょうが、代わって南北朝鮮が統一されます。

短期的にはマイナスの側面が出てくるでしょうが、長期的には朝鮮半島は統一され国家は繁栄していくでしょう。

同じ民族が分断されているのは、やはりよくない。

トランプ政権が何も起こさなければ、100年後も200年後も分断されたままの可能性がある。

ある意味朝鮮半島にとっては民族統一のチャンスかもしれません。

ただかなり大規模な戦争になりそうで、日本もただでは済まないでしょう。

今の経済的に疲弊した日本では、一発のミサイルが命取りになる。

北朝鮮は当然、東京を狙うでしょうし、また北朝鮮は予測不能な政権ですから最期となれば、日本の原発を狙ってくるかもしれない。

あるいはこの第二次朝鮮戦争は、核戦争になるかもしれない。

核兵器保有国ですからね、北朝鮮は。

アメリカも核兵器保有国と戦争をした経験はないでしょう。

核兵器開発をやめさせる軍事行動ですから、かなり大規模な戦争になりそうです。

中には戦争経済を狙っている人もいるかもしれませんね。

第二次朝鮮特需ですね。

あまりよろしいこととも思えませんが、神々がやらないから人間の中でやろうとする者が出てくる。

ここで北朝鮮の背後から中国が手を出してくると世界大戦になりかねない。

まじで日本は対岸の火事とはならない。

必ず巻き込まれるでしょう。

ただ森友問題よりも、こちらの問題の方が重要でしょうね。

トランプ政権がこの方針ならば、日本にとってはプライオリティのトップはこの北朝鮮問題でしょう。

特に日本は核とやたら縁がありますからね。

一極集中の東京に落とされれば国ごと終わってしまいます。

少なくとも平和ボケなど吹っ飛んでしまうでしょう。

特に日本は対米追従では一貫しておりますので逆らえないでしょう。

覚悟はしておいた方がいいかもしれません。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際