2017年05月31日

資源大国・北朝鮮

イラク戦争は、オイルが目的と噂されていましたが、第二次朝鮮戦争を画策している者がいる場合、北朝鮮がもつ豊富な資源を目的としている不届き者がいるかもしれません。

北朝鮮は孤立させられている国家とプロパガンダで誘導されているわけですが、実はそうでもないようです。

これは北朝鮮と国交がある国とない国です。

画像をクリックで拡大縮小


北朝鮮と国交がない国は、わずか「35ヵ国」ほどであり、国交のある国は「164ヵ国」です。

割とメジャーな国です。

有名な国としてはアメリカ・日本・台湾・韓国・イスラエル・フランスが国交を結んでおらず、アジアのほとんど、並びにイギリス・ドイツ・デンマーク・オーストリア・ベルギー等、ヨーロッパ諸国のほとんど、あるいはアフリカのほとんどが北朝鮮と国交を結んでいます。

日本や韓国、あるいはアメリカは北朝鮮と国交のない少数派のようです。

これは少し意外でした。

この画像を見れば歴然としていますが、北朝鮮は孤立国家というイメージと異なり、ほとんどの国と国交を結んでいます。


緑色が国交のある国であり、赤色がかつて国交はあったけれども、今はない国、灰色が初めから国交のない国です。

日本や韓国は少数派であることが分かります。

中東は豊富な原油で有名ですが、北朝鮮は豊富な地下資源で有名です。

この論文を読みますと凄いですね。


金(ゴールド)   世界第7位

鉄鉱石       世界第10位

亜鉛        世界第5位

鉛         世界第7位

重石        世界第4位

希土類(レアアース)世界第6位

マグネサイト    世界第3位

黒鉛        世界第4位


世界トップ10の埋蔵量をもつ鉱物が「8種類」もランクインしています。

ただ論文を読みますと数字があわないものもあるようです。

sigen4.PNG

論文の相違でしょうが、マグネサイトが2位となっていたり、金が6位となっていたり、鉄鉱石が9位となっていたり、多少の相違はあるようです。

特に北朝鮮はマグネサイトを60億トンもっており、価格で換算すればこのマグネサイトだけで「260兆円」にもなります。

金は2000トンの埋蔵量を誇り、価格で換算すれば「2兆円〜3兆円」と言われています。

一番下ですね。

sigen2.PNG

生産量は「2トン」ですが、埋蔵量は「2000トン」です。

天然ウランは、統計上はオーストラリアが世界第1位ですが、実は北朝鮮が世界第1位です。


このグラフではオーストラリアの可採埋蔵量が「28%」、つまり「160万トン」ほどですが、北朝鮮の可採埋蔵量は「400万トン」です。

ウランに関しては事実上、オーストラリアを超えて北朝鮮が世界第1位です。

北朝鮮核開発の原動力は良質なウラン=韓国専門家 聯合ニュース

韓国政府の核専門家は2日、北朝鮮のウラン埋蔵量は約2600万トンで、可採量は400万トンに達するとし、「北朝鮮の核開発は良質なウラン資源が原動力になっている」と述べた。

2010年現在、全世界のウラン供給量は年間7万1000トンほど。

北朝鮮のウラン資源量は北朝鮮を除く全世界の資源量の5〜6倍に上り、純度も高いため、経済性が非常に高いと分析されている。


埋蔵量が「2600万トン」と圧倒的であり、可採埋蔵量が「400万トン」です。

これだけウランが自前で賄えれば、いくらでも核兵器が作れます。

しかして実際、北朝鮮は地下資源をいくら保有しているのでしょう。

600兆円〜700兆円」と思い込んでいたわけですが、これは2008年の数字であり、2011年の数字では「1160兆円」となっています。

sigen3.PNG

北朝鮮の資源価値は「10兆4340億7700万ドル」であり、ドル円を111円で計算しますと「1158兆1825億4700万円」となる。

とてつもない資源です。

また朝鮮半島を併合して、倭人巡査野郎の地主野郎になれば、日本の借金は帳消しになる。

きっかけさえあれば、潜在的に凄まじい経済発展をしていくポテンシャルを持った国と言えます。

そう言えばあのジム・ロジャーズ氏も、北朝鮮への投資を考え、また勧めていました。

数年で韓国と北朝鮮は統一すると予測し、ジム・ロジャーズ氏は、すべてのお金をもって北朝鮮に移住したいとまで言っていました。

大富豪ジム・ロジャーズ氏が「北朝鮮に全財産を投資したい」と語る理由 デイリーNK

これだけの長期的な経済制裁を受けながら、北朝鮮経済はGDPで1%以上成長し続けているのです。

大したものです。

北朝鮮は海外にも労働者を5万人ほど派遣しており、そこからの外貨が「2億ドル〜3億ドル」と言われています。

テポドンを除いたミサイルは1基「1億円〜3億円」ですから、弾道ミサイル実験の費用は問題なさそうです。

テポドンでも1基「10億円」ほどと言われています。

しかしてトランプ大統領は、北朝鮮の核プログラムとICBMは認めないでしょうね。

何らかのアクションを起こす可能性が高いと思っています。

ただその時、恐らくこの豊富な北朝鮮の資源も心の隅にはあるのでしょうね。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2017年05月29日

菩薩の悟り 4

禅宗は自力門であり、浄土宗・浄土真宗は他力門です。

特に中国禅の坊主には、釈迦やイエスクラスの高僧がボコボコと出ているため、釈迦の真意とは異なる神理でしょうが、その法の高みは如来クラスの悟りが多い。

日本の禅宗とは、この点が異なり、日本の禅宗は総じて悟りが如来クラスの悟りにまでいっていません。

もっとも中国禅の高みやその神理の性質に近いのは、日本の禅僧では白隠禅師ぐらいではなかろうか。

日本の禅宗は、小ぶりの悟りが多い。

他力門は、明らかに菩薩クラスの悟りであり、ここから抜けておらず、御利益信仰に近いものになっている。

ちなみに浄土宗と真宗の相違は、簡単に言えば「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで救われると説くのが浄土宗であり、いや、「南無阿弥陀仏」と唱える必要すらない、ただ「南無阿弥陀仏」と心で思うだけで救われると説くのが浄土真宗です。

悟りの低い時は、この自力門と他力門は根っこは同じと捉えていたわけですが、今回大川さんのところに出てきた他力門の僧侶によれば、要は日本の鎌倉時代にイエス・キリスト信仰を説いたのだと暴露していました。

「南無」とは梵語で「ナーモ」、意味は「帰依する」という意味であり、「南無阿弥陀仏」とは、阿弥陀仏に帰依するという意味です。

阿弥陀仏信仰とは、イエス・キリスト信仰だったようです。

過去世を見れば、みなキリスト教系の霊であり、親鸞の過去世はパウロ、唯円の過去世はマタイ、蓮如の過去世はアンデレ、法然の過去世はトマスであり、すべてキリスト教系の霊でした。

以前は自力門の本質は、生命の本質である神の心と力こそが、本当の自分の力という意味で自力門と言い、禅の坊主は自力でこれを悟らんとする。

他力門は、生命の本質である神の御前で自我力と肉体を十字架に釘づけにして、ただ神の御心に頼らんとする、すがらんとする。

自我を十字架に釘づけにして自我を捨て去って、神に頼らんとするのが他力です。

自我を完全に捨て去って、神にすがらんとする時、ここに「絶対他力」の教えが説かれてきました。

我力行を完全に放棄し、阿弥陀仏にすがるわけです。

自力はみずからの自力で神の心を悟らんとし、他力は自我を捨て去ってその神の心に頼らんとする。

自力と他力という全く逆の原理から出立した教えも、神の心の根っこの部分は同一と捉えていました。

神の心を自力で悟るか、あるいは神の心にすがるか、これが自力と他力の相違点です。

神の心、人間生命の本質では一致している、と捉えていましたが、どうやら実際は違ったようです。

禅宗の無とは、神の意志のことを指し、大魔王即大如来の本質を指していますが、他力門の坊主は阿弥陀仏信仰、いわゆるイエス・キリスト信仰という生き神信仰から発していたようです。

個人崇拝ですね。

ならば自力門の禅宗の目的としていた神の意志とは違います。

キリスト教系は、すぐに神とイエスをすり替えるのですね。

自力と他力は目指していた点が、異なっていたことが明らかになった。

だから他力門の悟りと教えは、如来の高みにまで行っていない。

行っていないということは、自力の法門は神そのものを捉えているが、他力の法門は神にまで至っておらず、その途中ですから、自力と他力は神の根源で一致していないとも言えます。

菩薩の悟りを説明するのに丁度良いのが他力門の教えです。

他力門の教えは、まさに菩薩の法なのです。

法然や親鸞の教えに批判的なのが釈迦や私であり、道元もそうでした。

彼らは自我をすべて完全に放棄させようとするのです。

まるで仏の名を語り、奴隷を作っているかのようです。

この点は善川三郎と道元の対話でも指摘されていました。

青が道元であり、赤が善川三郎です。

あなた方が、他力門の僧侶の教えを受けて間違った方向に行ってはいけませんので指摘しておきます。

「南無阿弥陀仏」と唱えただけで、あなた本当に人が救われると思いますか?

一人の理性的な人間としてですよ。

数十年好き勝手エゴイスティックに生きて、人生最後の瞬間に地獄に行きたくないものだから、そのエゴイズムから「南無阿弥陀仏」と唱える。

こんな人が本当に救われると思いますか?

一人の理性的な人間の判断としてですよ。


それはね、道元さん、それで救われる人もいるということですよ。

あなたは偉いお坊さんだから百万巻のお経を読めたでしょう、読み書きもできたはずです。

ところが読み書きもできず、お経も読めず、日々の苦役におわれている大衆にとっては、ただ「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで救われるという教えは、一条の救いになっていたはずです。


あぁ、あなた間違ってます。

それで本当に救われているならば、私はこういったことは言わないのです。

他力の教えでは救われていないのです。

彼らは絶対他力の教えを説いたために死後、念仏地獄を作ったのです。

死んだ後、800年以上もナンマンダブ、ナンマンダブと今も唱えているのです。

彼らが他力門の教えを説くまでは、そういった念仏地獄は存在しなかったのです。

彼らが作ったのです。


では道元さん、そういった方々を救いに行かれるハイ・スピリットの方は誰かいないのですか。

それがね、おもしろいことに他力門で地獄に堕ちた方は、他力門の僧侶ではなく、自力門である我々禅の坊主が救いに行っているのです。

あなたが今、地獄にいるのはね、生前地獄に堕ちるような心をみずからが作ったからなのですよ。

みずからが作った限り、みずからが生前の罪を反省し、修正しなければその地獄からは抜けられないのですよとみな言ってますよ。

ところが他力門の教えを受けてきた方は、それが通用しないのですね。

自我を放棄させてきたから。

彼らは決まって言うのですよ。

何が反省ですか。

それは自我力行ではありませんか、自分が自分が、で悟れるようなそんな偉い人はいません。

その我力行を阿弥陀様の前に投げ出した時、阿弥陀様が救って下さるんです。

私らは親鸞聖人さまからそう教わりました。

あなたは光輝いているけれども、ほんとは悪魔でしょう。

私らをもっと深い地獄に落とすためにそんなこと言っているんでしょう、ナンマンダブ、ナンマンダブと言って我々の言うことを聞かないのです。


地獄界から抜けるには、みずから悟るか、あるいはみずからの罪を反省するか、そのどちらかを実践する以外にはない。

悟りも反省も自力であり、誰も代わってしてくれません。

その自我を放棄させてきたためにみずから反省しようとしない。

だから地獄から抜けられない。

悪人正機説もしかりであり、御利益信仰に近いものになっている。

善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや : 歎異抄

神への信仰と悟りによって生命が向上進化すれば、これを原因として結果、救われます。

救済は結果(神の体)であり、御利益です。

この救済という御利益を目的とすれば、善人を救うとは言いません。

善人は、ほっといても救われますから善人を救うとは言わない。

悪人であるあんたこそが救われると説く。

これが悪人正機説であり、救済という利益に比喩した善、すなわち方便です。

これはキリスト教の、医者を必要とするのは、健康な人ではなく、病人である。

病人こそが医者を必要としているという教義と同じです。

病人や悪人である、あんたこそが救われるという教義であり、悪人正機説はこれです。

これは善意で行っている限りにおいて方便の善であり、一歩間違えば御利益信仰となる。

愚禿親鸞でございます、何も悟っておりません、救う力もござんせん。

心は蛇蝎のごとしであり、悪い心がもくもくと出てくる愚禿親鸞でございます。

私に人を救う力はありません、でもね。

阿弥陀様なら救って下さるんです、ナンマンダブ、ナンマンダブ。

天も地も南無阿弥陀仏、と。

他力一乗でございます。

みなさん、阿弥陀様にすがりましょう、阿弥陀様の袈裟衣を掴みましょう、ナンマンダブ、ナンマンダブ、と。

自我と肉体を十字架に釘づけにして、ただ阿弥陀仏に帰依しましょう。

自我を放棄し、阿弥陀様に頼り、すがった時、その阿弥陀仏の他力一乗の力で人は救われるのです。

自分で悟ろうとか自力で悟ろうとか、自我力行で救われようとか、そんな自我で救われる偉い人はおりません。

阿弥陀様に絶対的に頼った時、人は救われるのです。

これが絶対他力ですが、まるで奴隷を作っているみたいな教えです。

自力が原因(神の心)であり、自力的に努力していけば、これを原因として結果(神の体)、他力の力が加わります。

自力なくして他力の力が加わることはない。

自力が原因、他力はその結果です。

この結果(神の体)を目的としている。

絶対他力、これが親鸞の教えであり、過去世はパウロ。

結果を目的としている点、キリスト教と一致しています。

それで霊天上界に帰天しているならば、結果に比喩した善、すなわち方便の善で帰天している。

他力という結果(神の体)を絶対化している。

これは悪く言えば神の体(物質)を絶対化しておりますので偶像崇拝の教えと言えます。

これで念仏地獄を作った。

結果を目的とし、絶対化しておりますので御利益信仰に近い。

道元と善川三郎の対話で疑問に思ったのは、念仏地獄を作ったのは禅の坊主ではない。

他力門の坊主であり、恐ろしく安易な教えを説いている。

念仏地獄を作った本人らが救いに行くのが筋であって、何をのうのうと菩薩界にいるのか。

何故、念仏地獄で800年も苦しんでいる者達を救いに行かないのか。

自分たちが絶対他力という恐ろしく安易な教えを説いて、それを信じさせ、信じさせた当人たちは菩薩界で聖人気取りです。

絶対他力という御利益で大衆をその甘い蜜で釣っている。

その教えを信じさせたために800年も地獄界にいる。

かわいそうですから救いに行くのでしょうが、それがどうして禅の坊主なのか。

彼らは念仏地獄とは関係ない。

イエスもそうですが、神理では他人に汗をかかせて、その果実だけを取ろうとする。

そして自己は恐ろしく安易な教えを説いておきながら、自分のケツを拭こうとせず、他人に拭かせようとするし、している。

何の関係もない禅の坊主に他力門の甘えた教えのケツを拭かせている。

キリスト教系は御利益という甘い餌で、いつも大衆を勢力争いのために釣っている。

なぜ親鸞らは念仏地獄にいる人達を救いに行かないのか?

自分で知っているわけです。

絶対他力の教えでは、念仏地獄にいる人達を救えないことを知っているから救いに行かない。

例えば私が阿弥陀仏だとして、

さぁ、念仏地獄にいる方々、私が阿弥陀仏ですよ。

どうです、輝いているでしょう。

ちょっと口と言葉は悪いですけどね、阿弥陀仏ですよ。

さぁ、私に頼れば救われるのですよ。

さぁ私にすがりなさい


と言って念仏地獄の人達が救えるかどうか。

私に頼れば救われるのですよ、と言って救われるわけがないことを菩薩界にいて知っているから、他力門の坊主は救いに行かない。

本物の阿弥陀仏が念仏地獄に降りて、それを頼っても救われない。

本人らがみずから生前の罪を反省するまで念仏地獄からは抜けられない。

阿弥陀仏に頼っても無駄。

阿弥陀仏が代わりに反省してくれることは永遠にない。

800年間なかった。

今後も永遠にない。

自分の悟りは自分で磨くしかなく、自分の罪は自分で反省するしかない。

この地上で絶対他力の教えを説き、あの世(念仏地獄)で説けない。

この世(地)で説き、あの世(天)で説けない。

すなわち天地が分離している。

これが菩薩の法です。

天地一体を悟っていないということです。

菩薩は天地一体の悟りを得ていないということですね。

ここら辺が大川さんや道元、あるいは私らに批判される原因です。

要は甘い餌で大衆を釣っているからです。

ありもしない非常に甘い餌でね。

あの霊系統は大抵そうです。

だから人類の半数以上が地獄界に堕ちている。

菩薩の悟りは、かく如く天地が分離した教えを説きます。

救済という利益(神の体)に比喩した善、他力という結果(神の体)に比喩した善、すなわち菩薩の悟りは方便の善ということです。

これが菩薩の悟りです。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神理

2017年05月27日

お騒がせトランプ大統領

トランプ大統領が、また北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で毎度の「お騒がせ」です。

つい笑ってしまいましたが、水色のネクタイを締めているモンテネグロのマルコビッチ首相を押しのけて前に出ています。

共同写真の撮影会場に向かっている時の出来事だそうです。



さすがに・・

ab4d5f8321ce4bd80634a01d5697d1b8_600.jpg

この動画ではありませんが、ロイターも動画を付けています。

米大統領が他国首脳押しのけ前列に、NATO会議での動画拡散 ロイター

得意げにスーツをなおしているところが笑えます。

相も変わらずメインストリームメディアは、「国の恥」だと言ってトランプ大統領を批判しています。

もともとトランプ大統領は最前列に立つように言われていたようですね。

NATO28加盟国のうち23ヵ国が、GDPの2%の支払い義務をはたしていないと率直に表明しています。

これはアメリカの納税者に対しても不公平である、と。



世界中に流れまくっていますが来週、トランプ大統領は、気候変動の枠組みを話し合うパリ協定に関する最終判断を下すとツイートしています。



大統領当選前はパリ協定から脱退すると明言していたトランプ大統領ですが、来週どういった判断を下すのか注目です。

モンテネグロ首相を押しのけて前に出た強引さによって、北朝鮮問題を解決するかどうかも注目される点ですが、かつてこの記事を書いた時、北朝鮮がどうして「地主野郎」を敵視しているのか分からなかったのですが、そのヒントのような動画がありました。

世界の見解とかけ離れている北朝鮮



教育で教えていたのですね。

地主とは土地の所有者ですから日本が朝鮮半島を併合した時、その土地を所有していたのが日本人だったからかもしれません。

強盗日帝を打倒しよう」のスローガンは、この併合の時のことを言っているのかもしれない。

土地を強奪したことを指しているのかもしれないと推測しています。

地主野郎とは、要は日本人のことを指して言っているのではないか。

確かに日本人の土地に対する執着は異常に強いですからね。

他国でもやっていたのかもしれない。

朝鮮半島有事も秋以降を予測する評論家が多くなっていますが、徐々に伸びています。

やるとすれば夏であろうと思いますが、この時期を過ぎますとウヤムヤになって欲しいというか、なるのではないか?

これも神理次第ということですが、神理が広がりを見せても朝鮮半島有事は起こらない方がいいと思っています。

善人もいるわけですからハードランディングではなく、徐々に衰退して頂く方がいい。

ただEUでは、短期的にはそうもいかないようですがね。

かと言って世界的規模の変動や世界経済の崩壊はない。

長期的衰退があるだけでしょう。

これも信仰者の存在を前提とした干渉ですが、日本はご覧の通り神道を通して既に神に戦争を売っておりますので数千年は衰退しかない。

諸神霊の動きを見ますとそう動いているのです。

私を一人不自然に抑えても無駄なのです。

あの世で巨大な力と悟りを有する諸神霊が、そう動いているからであり、この傾向は今後も変わりません。

中国と韓国の繁栄は、別に親中、親韓でもないでしょうが、反神道だから繁栄しているのです。

恨むのならば神道を恨むことです。

神道の犯罪行為によって日本の長期的な繁栄が完全になくなったのです。

私を恨むのはお門違いです。

長期的犯罪を犯してきたのは神道であって私でも私の指導霊でもないからです。

また戦争をいきなり売ってきたのも神道からであり、私らから売ったことはない。

降りかかる火の粉は払わなければならないだけです。

1991年以後は、諸神霊はずっとそう動いています。

諸神霊の動きを見ますと一部の霊と神道を除いて親日国家が衰退し、反日国家、正確には反神道ですが、これが繁栄していくことになるし、なっている。

中国がこれだけ繁栄してきたのを偶然と思うならば、それでも構いませんが、大川さんには悪いですが、日本の繁栄は神道ゆえにもうない。

ある意味「仏陀の大法」も猫に小判ですから、今回の救世運動の失敗は天意ではないか?

通常、これだけの大救世運動が失敗するなど誰も予想していなかった。

EUでゼウス神の法と仏陀の大法の両方の大法が説かれるでしょう。

そして神理が説かれている土地には、天災と人災は、少なくとも短期的には避けられない。

神道は長々と犯罪を犯し過ぎた。

大変なカルマを積んだのです。

今後、日本は神道ゆえに大変でしょうね。

私でもどうしようもない。

手遅れです。

今の誰かさんとそっくりです。

上に立っている者達を見れば明白ですが、要は世界の盟主の器ではなかったということだ。

世界の盟主になりたければ、それだけの努力をし、悟ることだ。

金儲けなんぞにうつつを抜かしている者に神理などは説けはせん。

地球至高の神理を悟るべく努力もせず、悟りもせず、信仰もない者達が世界の盟主になるというのは、はた迷惑ということです。

世界の盟主とは、至高の神理をもって土の器を鉄の杖で砕くように世界を治める国家や文明のことを言う。

神理を悟っていない者や国家がなれるものではない。

富や軍事力に服従しているような国家がなれるものではない。

世界の盟主は「神約民主論」において我々が創造していくのであって神を売り、人に売らせてきたあなた達ではない。

嘘つき国家は、その嘘と共にふさわしい最後を遂げる。

これを神の預言という。


posted by 管理者 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際